<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
肛門美容形成
今日は米国が制定したいわゆる排日移民法に抗議して5月26日のブログでご紹介した無名烈士がアメリカ大使館の横の空き地にて抗議の割腹自殺をした日になります。

無名烈士の遺書

最モ能ク日本ヲ了解セラレテ深ク厚ク日本ニ同情ヲ寄セラレタル米国大使サイラス・イ・ウッヅ閣下ノ帰国ニ托シテ全米国ノ反省ヲ望ムタメ死ヲ以テ切願ス大使閣下諒セラレン事ヲ祈ル
米国民ノ反省ヲ望ム要件左ニ
一 新移民法カラ排日条項ヲ削除スル法案ヲ決議セラレン事ヲ
理由
予ガ死ヲ以テ排日条項ノ削除ヲ求ムルモノハ貴国ガ常ニ人道上ノ立場ヨリ平和ヲ愛好唱導セラレ平和ノ指導者トシテ世界ニ重キヲ思ハシメツツアル貴国ガ率先シテ排日法案ノ如キ人道ヲ無視シタ決議ヲ両院通過シテ法律トナルガ如キハ実ニ以外ノ感ニ耐ヘザルナリ
人類生存上憤怒スル場合種々アルモ耻辱ヲ与ヘラレタル憤怒ハ耐ヘ難キモノナリ耻シメラレルベキ事情アリテ耻シメラル大ヒニ悔ヒ忍バザルベカラズ故ヘナクシテ耻シメラル憤怒セザラント慾スルモ耐ヘ難キナリ
予ハ日本人ナリ今マ将ニ列国環視ノ前ニ於テ貴国ノ為メニ耻シメラル故ヘナクシテ耻シメラル(故ヘナリト言ハバ故ヘハ貴国ノ故ヘナリ)生キテ永ク貴国人ニ怨ヲ含ムヨリ死シテ貴国ヨリ伝ヘラレタル博愛ノ教義ヲ研究シ聖基督ノ批判ヲ仰ギ併セテ聖基督ニヨリ貴国人民ノ反省ヲ求メ尚ホ一層幸福増進ヲ祈ルト共ニ我日本人ノ耻シメラレタル新移民法ヨリ排日条項ノ削除セラレン事ヲ祈ラントスルニアリ
大日本帝国
無名ノ一民
サイランス・イ・ウッヅ閣下ヲ通ジテ
亜米利加合衆国国民諸君


「生命も要らず名も要らず官位も金も望まず」ただひたすらに日本の為に抗議の割腹自殺をした無名烈士のご冥福をお祈り申し上げます。


本日ご紹介の患者さんは肛門美容形成術をお受けになられた患者さんです。

肛門領域の病気といえば痔が有名ですが痔といっても)痔核、2)裂肛、3)痔瘻の三大疾患がありそれら3つの治療で肛門科の患者さんの多くが占められています。
他にも脱肛、肛門皮垂(skin tag)などの疾患がありますがskin tagに関しては見た目は悪くても内外痔核が奥にない場合は「病気でないからそのままで大丈夫」と肛門科医に突き放されてしまう患者さんがしばしばいるようです。

婦人科手術の御依頼の際に相談が多いのがこのskin tagに関してです。

今回ご紹介の患者さんは肛門部の隆起を彼氏に指摘され肛門科にいくも様子見でいいでしょうといわれて困っていたとのことでした。 本人は疼痛や出血等の自覚症状はなく彼氏の指摘が気になってとのことでした。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)

1.術前です                3.術後約1年半再診時です
d0092965_2394830.jpg

再発もなく順調な経過です。skin tagは消失し綺麗になられてよろこんでいらっしゃいました。 生物はsymmetry(対称)な形態を美しいと感じる習性がありますから(例えば雄クジャクのあの美しい羽もメスは色彩よりもsymmetry(対称性)に惹かれるようです)、skin tag等の存在によって対称性が損なわれるとマイナス点として脳にインプットされるデメリットが存在するため、無症状といえども美のために切除、形成するという考えは先進的でこそあれ恥ずかしがる必要はないと思います。

口腔から肛門までの領域は人体の栄養の摂取、排泄をつかさどる非常に重要な経路ですが痔を始めとする肛門領域の治療に真面目に取り組む医者は他の領域の医師達から蔑視される傾向が歴史的にありました。イギリスでは肛門科医を pile doctor という蔑称で呼ぶ医師たちがいました。  美容外科領域でも非常にマイナーで全く評価されない分野になりますが職業に貴賎なしならぬ臓器に貴賎なしの考えからいけば同部位の形態を整えて差し上げるのも美容外科医術の貢献できる箇所だと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-31 14:29 | 美容外科
若先生 目頭切開
本日ご紹介の患者さんは若先生にて目頭切開術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_051710.jpg

ご満足いただけているとのことで順調な経過です。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
84.精神的、道徳的、あるいは身体的いずれであっても、人間の欠陥によって生み出されるもろもろのことは、国家にとっては大きな重荷になります。
William・J・Mayo
84.強い関心から半分開かれたドアを通して未来をのぞきますと、その興味深さは言いあらわせないものがあります。 しかし、それぞれの世代が各時代の問題を解決すべきであり、誰にも次の世代を導き支配する英知はない、ということを私は十分に理解しています。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-30 00:05 | 美容外科
博士先生 SubQ(サブキュー)注射
今日は1943年アッツ島で日本軍守備隊が玉砕した日になります。
この玉砕は日本軍玉砕の公認第一号となりました。

本日ご紹介の患者さんは博士先生にて鼻根部から前額部にかけておよびほうれい線部にSubQヒアルロン酸注射をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23344241.jpg

ご満足いただけたとのことで順調な仕上がりです。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
83.文明の法則とは科学的手法に沿った進歩と有効性を意味します。
William・J・Mayo
83.いま病気にかかっているにしても将来の展望を曇らせるようなことがあってはなりません。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-29 23:36 | 美容外科
右乳頭縮小形成術、左陥没乳頭修正術
今日は藤井一(はじめ)中尉が1945年5月28日、第45振武特攻隊長として沖縄に出撃した日になります。

藤井一(はじめ)中尉は熊谷陸軍飛行学校にて少年飛行兵に「事あらば敵陣に、敵艦に自爆せよ。自分も必ず行く」と教えていました。
普通、特攻隊の教官は17、8歳の若い少年飛行兵に精神訓話や一般教育、それに先輩の勇姿の講話をして、自らは特攻しないのが通例でした。教え子たちが次々と出撃し帰らぬ人となり、その見送りに耐えられなくなった中尉は「自分も行く」との約束を果たそうと特攻に志願しましたが、妻と幼子がいるという理由で却下されました。2度目の志願も却下されましたそれでもあきらめない夫の決意を知った妻は、夫の気持ちに迷いが生じないように生後4ヶ月の赤子と約3歳の子を道連れに入水自殺をしました。3度目には、自分の指を切って血判書を出し、妻子の死からわずか5日後それまで2度も却下されていた嘆願書が航空隊の慣例を破って受理され藤井一(はじめ)中尉の特攻隊入りが決定しました。それから約5ヶ月後の昭和20年5月28日の今日第45振武特攻隊長として沖縄に出撃されました。

今日はまたその1945年5月28日の同日に大日本帝国海軍が人間魚雷「回天」を水中特攻兵器として採用決定した日になります。

この回天を扱った映画として以前のブログでご紹介させていただいた「出口のない海」があります。 是非ご覧ください。

本日ご紹介の患者さんは右乳頭縮小形成術、左陥没乳頭修正術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後約3ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0323765.jpg

順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_033168.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-28 23:26 | 美容外科
頬骨再構築法ではない頬骨弓リダクション
今日は1905年 に日露戦争で、東郷平八郎が率いる日本海軍連合艦隊とロシア・バルチック艦隊との日本海海戦が開戦した日になります。

この開戦の勝利を記念して海軍記念日が制定されこの日は国民の休日となっていましたが1945年の大東亜戦争の敗戦後は廃止されました。

本日ご紹介の患者さんは頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)をお受けになられた患者さんです。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 リスクとしては他院でこの術式でされて顎関節が破壊され開口障害が生じて困っている方や段差でお悩みの方、変化が感じられない方等のご相談をうけたことがあります。

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
他の方法で効果がなかった多くの患者さんがこの方法を求めて勝間田先生のところへいらっしゃっています。
リスクとしては効果がありすぎて希望よりも凹んだ状態に感じる場合がまれにあります。 その際は脂肪移植等のメンテナンスが必要になります。 私は顔面神経側頭枝麻痺(おでこに皺を作ることができなくなる)の経験があります今までのところ全例回復しています(最長8ヶ月)。

本日ご紹介の患者さんは前方部分の頬骨の張りも気になるとのことでしたので上述の2.の方法すなわち口腔内からも切開し前方部の削りおよび頬骨弓前方部の骨切および耳前部の頬骨弓の骨切術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後3ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0211466.jpg

頬骨の張りが減ったことには満足しているけれども周囲に太った?と聞かれるのが気になるとのことでした。まだむくんでいる感じがするとのことです。

頬骨弓を減高すると頬骨再構築法でも頬骨切り落とし法(アーチリダクション)でもややぽっちゃりした印象になります。
術後半年でそれなりに改善はしてくるので後3ヶ月は様子をみたほうがよいでしょう。

頬骨切り落とし法(アーチリダクション)のリスク
・頬骨の張り出しの減高が再構築法に比べてマイルド
・口腔内も切開し骨にアプローチするため頬前方の筋付着部を傷めるため再構築法にくらべてやや前方部のたるみが術後強くでる。
・頬骨弓の不適切な位置への移動 → 顎関節の運動障害

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0264797.jpg

ありがとうございます。 どうか御気をつかわないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-27 23:25 | 美容外科
右埋没二重形成手術・目頭切開術 (若先生)
今日は1924年にアメリカ合衆国でいわゆる排日条項を含む移民法が成立した日になります。
施行日は同年7月1日になります。

この排日移民法の成立に対し同年の大正13年5月31日 アメリカ大使館に隣接する空き地で割腹自殺を遂げた無名の青年がいました。

「生きて永く貴国人に怨みを含むより、死して貴国より伝えられたる博愛の教義を研究し、聖基督の批判を仰ぎ、併せて聖基督により、貴国人民の反省を求め…」
と遺書を残し、アメリカに抗議しての行動でした。

しかし、氏素性が判明するものを何も持たなかったために、無縁仏として「無名烈士」として赤坂の圓通寺に葬られる予定でしたが6月7日、貴族院や衆議院の議員や民間の有志ら370余名を発起人として、両国の国技館において対米問題国民大会が開催され、その大会にて無名烈士の国民弔祭会の執行が決議されました。翌日の6月8日無名烈士国民弔祭会が斎行され当日の参列者は3万人とも言われています。葬儀の後、無名烈士のご遺体は、現在の青山霊園に埋葬されました。

当時の世論、特に新聞社は「国辱」と強く反応し、キャンペーンが繰り広げられる一方、日米開戦説が叫ばれました。

この17年後の1941年に日本は米国を相手に大東亜戦争を戦う決意をすることになります。

本日ご紹介の患者さんは右埋没二重形成手術・目頭切開術 (若先生)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23165737.jpg

形は希望通りとのことで順調な経過です。


若先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_23162157.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-26 01:59 | 美容外科
エンドタインリフト(ミッドフェイスB)
今日は1945年に米軍が東京に3月10日の無差別大量虐殺空爆に次ぐ空襲を行った日になります。470機が来襲し、それまで空襲を受けていない山の手が主な対象になりました。

この二回の東京大空襲で総計8~10万人の一般市民が虐殺されました。

この一連の民間人無差別大量虐殺の立案、指揮をしたのが第21爆撃集団司令官カーチス・エマーソン・ルメイいわゆる鬼畜ルメイとなります。
大東亜戦争終戦後ルメイは戦略爆撃に精通し、また日本の防空体制の弱点(夜間防衛)を把握していたため日本の航空自衛隊創設に関与。1964年その功績により、日本政府より1964年勲一等旭日大綬章を授与されています。

第21爆撃集団司令官の前任者ヘイウッド・ハンセルが軍事施設にポイントをなるべく絞って精密爆撃を行っていたのに対し後任のルメイは無差別大量虐殺日本焦土作戦を行ったのにもかかわらずルメイに勲一等旭日大綬章を授与した当時の日本政府の判断に首を傾げざるをおえません。
国辱的行為だと思います。

本日ご紹介の患者さんは前額部リフト及びエンドタインリフト(ミッドフェイスB)をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後約1.5月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_21505024.jpg

エンドタインはある一定の「面」で引き上げるため、「線」で引き上げるアプトスやハッピーリフトやシルエットリフト等より軟部結合組織の把持の安定性が高いため通常のリフト目的のみならず骨膜下リフト等にも用いることができます。 
以前参加したStanford大学のセミナーにおいて米国ではpopularであることを知り、米国人医師と共に様々な種類のエンドタインをcadaverに施術させていただきました。  長所としては前述したように組織の把持力に優れている点と約1年で分解吸収され異物として残らない点ですが欠点としては皮下に異物感を感じやすいかも知れない点、及び除去希望のときにはやや手術が煩雑になる点です。 今後日本でも一般的になっていくかもしれません。

今回は目の下の若返りにエンドタインのミッドフェイスBを用いましたがミッドフェイスBのみではほうれい線までパーフェクトに改善するのは難しく、患者さんのご希望によってはエンドタインミッドフェイスSTやシルエットリフトもしくはアンカレッジ等を組み合わせたほうが良いかもしれません。

前額部リフトもエンドタインミッドフェイスBも順調な経過です。

ベトナムからの先生とお話する機会がありお近づきの印をいただきました。
d0092965_2319634.jpg

ありがとうございます。 同じアジアの民として頑張っていきましょう。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-25 01:58 | 美容外科
顎変形症
最近 輪郭手術のご相談が多いので今日はそれに関しての話題です。

私が診察を行うと歯並びおよび噛み合わせに問題がある方がしばしばいらっしゃいます。
色んなケースがあるのですが特に多いケースが下顎が前に出ていて顎が長く見えるケースにおいて下の歯が上の歯より前にでている方がいらっしゃいます。
ご本人には「歯科矯正に加えて必要であれば口腔外科における外科治療が一番本道の治療ですよ」とお話するのですがご納得される場合と「いえ、かみ合わせはいいのでとにかく顎先だけ切ってください」といわれる場合があります。

美容外科手術において大切なことの一つとして「笑顔が美しい」仕上がりというポイントがあると思います。

いくら口を閉じていた状態の輪郭がよくても笑ったとたんに歯の不正咬合が目立つようですとやはりさびしいです。

ですから美容外科医としては咬合(こうごう:かみあわせ)に問題がある場合はその人のほんとうの美しさを引き出すために歯科矯正+(外科手術)をお受けになって欲しいと思います。

そのようなお話を患者さんにしますと「ではどこでそのような治療を受けることが出来るのですか?」と聞かれます。 外科医師の腕前というのは一緒に手術をしてみないとわかりませんので私が何十回と一緒に手術に一緒に入らせていただき完璧な腕前の外科医と自信をもって推薦できる済世会横浜市南部病院の口腔外科 青木紀昭部長先生を普段ご紹介させていただいております。 

せっかく私のカウンセリングにいらしてもカウンセリング料のみかかって結局青木先生に紹介される患者さんに申し訳ないので今回はどのようなケースが青木先生にご紹介するようなケースとなるかの例として青木先生のご協力のもと症例写真を供覧させていただきます。

上段:術前です。
下段:術後です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_12544725.jpg

笑顔も横顔もより素敵になられました。

青木先生は中顔面の短縮や上顎退縮改善等の手術LefortⅠも非常に上手な先生です。
かみ合わせを考慮しつつ輪郭を整えてくださる先生なのでかみ合わせに問題がある状態でかみ合わせと総合的に輪郭を修正したい方はご考慮されるとよいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-24 12:53 | 美容外科
鼻尖縮小術(クローズ法)、鼻柱下降術、小鼻肉厚減幅術

本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術(クローズ法)、鼻柱下降術、小鼻肉厚減幅術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後3週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_17185153.jpg

患者さん曰く「細くなった実感があまりない」とのことですが細くなっていると思われます。

順調な経過です。

鼻尖縮小術のリスク
・ギプスを装着した場合ギプスまけの可能性
・細すぎる、または変化した感じがしないとの主観的ご不満が生じる可能性
・正面からみて細くなっても鼻先の余剰皮膚の盛り上がりにより側面からみてややまるく鼻先が盛り上がる可能性→ 対処法および予防法: プロテーゼの使用や軟骨移植

鼻柱下降術のリスク
・プロテーゼを用いた場合は感染のリスク

小鼻肉厚減幅術のリスク
・傷口の感染
・術後の硬結により約数ヶ月鼻孔の左右不均衡が生じる可能性
・キズ痕・・・・術後3ヵ月後以降にメンテナンス治療を行います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-23 17:17 | 美容外科
目頭切開術(ミニZ法)
今日は2004年 に小泉純一郎前首相が北朝鮮を訪問し、拉致被害者の子供らの帰国に成功した日になります。

現在も拉致されているであろう日本人の一刻も早い奪還を強く願っています。


本日ご紹介の患者さんは目頭切開術(ミニZ法)を二回お受けになられた患者さんです。

最上段:術前です。
二段目:一回目術後一ヶ月再診時です。
三段目:二回目術後約1週間再診時です。
最下段:二回目手術術後約4ヵ月後再診時です。
(写真は患者さんのご希望にて供覧しています。)
d0092965_23503025.jpg

一気に変化を求めずちょっとづつの変化を求めている方には段階的にミニZ法で目頭切開を行って行くのは良い方法だと思います。

キズは術後4ヶ月の時点でこのような状態です。
d0092965_23564840.jpg

(クリックすると拡大します)

近づいてみてもほとんどわかりません。
順調な経過です。

目頭切開法のリスク
・皮を引っ張る術式ですと変化は大きいですが傷が目立つ・目頭が切れ込みすぎるというリスクがあります。
・ミニZのような術式ですと変化が小さく結果に不満足というリスクがあります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-22 21:38 | 美容外科