<   2007年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
大晦日
今日は大晦日です。 

本日お心遣いをいただきました。
d0092965_234758.jpg
わんちゃん達へお友達にということでうさちゃんをくださいました。


d0092965_2343414.jpg
地元の名産ということでいただきました。
d0092965_2352038.jpg

フランシスコザビエルにちなんだ南蛮菓子「ざびえる」でした。

ご遠方からはるばるいらして大手術を受け一人で都心で抜糸までの間孤独に耐えていたにも関わらずこのようなプレゼントをくださるとは・・涙がちょちょぎれました。
必ず幸せになれますように!


d0092965_2354870.jpg
お友達も増えクリニックもにぎやかになりました。
今年一年もありがとうございました。 皆様に深謝いたします。 

来年も皆様のお役に立てれれば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-31 21:54 | その他
両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術
今年一年の手術を振り返ってみるとご相談として多かったものの一つに女性の外性器の形態についてがありました。 基本的には女性の外性器の形態は千差万別であり特段どれが正常、異常というものはありません。
ですから多少左右差があったり肥大していても病気ではないので絶対的な手術適応というわけではありません。  しかしその形態がどうしても気に入らない、または下着にこすれたりして不快、不衛生な感じがいやだ、等の理由により手術を御希望される場合は手術により形態を整えて差し上げることが可能です。 

今回ご紹介の患者さんは余計な襞をとりたい、すっきりしたいとのご希望にて手術をお受けになられました。
向かって左:術前です。
向かって右:術後約1週間です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_10521179.jpg



17回もの削除によりエキサイトの規約に合うべく修正を追加していますのでわかりにくい写真であることをお詫び申し上げます。
右のPraeputium clitoris(陰核包皮)の横の部分(Sulcus praeputiolabialis からSulcus nympholabialisにかけて)にLabia minor(小陰唇)に連なる余剰皺壁が存在しています(赤→)。 この余剰皺は日本語の解剖の教科書では明記されていませんので私は個人的に便宜上、外側襞の外側の襞ということで外々側襞(がいがいそくひだ)と呼んでいます。 この外々側襞と左右の小陰唇の整形手術を行いました。
順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-31 10:51 | 美容外科
美容形成外科後遺症:エラ削り後遺症
先日 某形成外科准教授の書かれた文章に「一般論として非形成外科医による美容手術においてトラブルが起きることが多い」との一文を目にしました。 

しかし臨床の現場からはホントかな?という感じがします。
なぜなら私の勤務しているクリニックではむしろ形成外科医による深刻なトラブルケースが多いからです。 所属する団体によってトラブルが多い少ないと評するのは意味がないことだとは思いますが一方的に非形成外科医で美容外科に従事している医師達がこきおろされているのもなんですから形成外科医に執刀された問題症例を例として供覧したいと思います。

本日ご紹介の患者さんは形成外科専門医であり日本美容外科学会(JSAPS)の医師によって手術をお受けになられた患者さんです。
既往は2年前に同医師の執刀でエラ骨骨切り術をお受けになられたとのことでお悩みの点はエラを削られすぎてしまったことによるエラがない特異な顔貌とエラの左右差と術後より生じている頑固な痺れと構語(発語)の多少の困難さでした。

あまりもの異常な状態に提携病院に3DCT(立体CT)の撮影を依頼しました。

左:骨格模型です。   左:患者さんの立体CTです。
d0092965_1383132.jpg

右の頭蓋骨模型写真と比較すると左側写真において赤→のところはエラが削られすぎているのがわかると思います。
青→のところは骨棘ができてそとからボコッとふれる塊となっています。

左斜め後ろからみてみます。
左:骨格模型です。   左:患者さんの立体CTです。
d0092965_1631174.jpg

左の骨格模型でピンク色の線が模型上にひいてあるところが下歯槽神経(下顎神経)が通っているところ(下顎管)になります。 左の写真で赤→のところが下歯槽神経が下顎管に入っていく下顎孔になります。かなりギリギリのところで骨切りがなされています。

下顎孔をわかりやすくするため緑の点線で囲いました。
d0092965_1384987.jpg

かなりギリギリのところで骨が切られているのがわかると思います。

右斜め後ろからみてみます。
d0092965_138584.jpg

下顎孔からはいった下歯槽神経が通っている下顎管が左エラ骨切り後の骨縁で露出しています。 下歯槽神経の露出、損傷が疑われる所見です。

今まで同じ医院から輪郭手術後のトラブルを抱えた何名かの患者さんが相談にいらっしゃっています。
私はここでその医師の個人攻撃をするつもりは全くありません。
仮に99.5%の成功率の医師でも件数を多く行っていればそれだけ不具合を生じた患者さんが多く生じるのかもしれません。 すなわち年間1000例執刀している医師であれば99.5%の成功率でも5名の不具合患者さんが発生します。 100例しか執刀していなければ1名生じるか生じないかになります。
医師の手術技術の程度を数値化するは難しいのが現状です。
しかし形成外科診療の片手間に美容外科を標榜している医師に公的な場の文章で一方的に総執刀数や不具合発生率を一顧だにせず「一般論として非形成外科医による美容手術においてトラブルが起きることが多い」と記載されては日々美容外科に専従する医師達はたまったものではありません。 

私が診療を行っているクリニックは場所とメニューを一般患者さんに通知するホームページを除いて一切の有料広告を行っておりません。 それでも私の元にきてくださる患者さんは現状をどうにかしたいと必死に情報を集めてきてくださる方々ばかりです。 美容外科手術は形成外科専門医の執刀が安心とのことで最初そのような標榜をする医師に執刀されその後不具合により再手術、修正手術を希望され私の元を訪れる方々が多いのが実情です。

私個人は美容外科は独立標榜科であり形成外科とも整形外科とも異なる科でありいかなる科の医師も美容外科に従事するのであれば熟達した美容外科医師の指導を受けるべきだと考えています。形成外科の延長もしくは片手間に美容外科が行えると考えているのならばそれは傲慢であると思います。

ここで述べたいのは美容外科手術を行うのに形成外科医が良いとか悪いとかいう次元ではありません。 私にも技術、人格ともにすばらしいと認める形成外科専門医の先生がいます。そんな先生の執刀を経て私の元にこられると恐縮してしまいます。もちろん私の執刀で納得がいかず形成外科専門医を含む他院に行かれている患者さんもいらっしゃると思います。

御高名な先生が執刀されたケースでも「え?あの先生が本当に執刀して今の状態なのですか??」というような症例もたくさんご相談にいらっしゃいます。

日々の臨床の経験でいえることはどんな御高名な先生でも万人を満足させる美容外科手術はできていないということです。

先日記載させていただいた山口大学元教授の柴田先生のおっしゃるとおり専門医制度は医の堕落の始まりと考えます。医者同士のアイデンティティー確認のためならいざしらず、患者さんを集めるための標榜道具としたらこれほど下劣なものはありません。「○○専門医だから安心」ということは「○○大学卒の医師だから安心」と同様のレベルであり、そのような宣伝をして患者さんを集める事自体が品性がないと思います。 また自己が所属する団体の所属の有無で良医であるか否かを判断するのも視野が狭いとしかいいようがありません。


今日は高校の同窓会でした。 他学部卒業後に社会人を経て医学部に入りなおしてあと数ヶ月で研修を終え今度小児科の医局に入局する予定のT君といいお酒が飲めました。
数多き科の中でも小児科、産婦人科は特に忙しい科だとは思いますが初心を忘れず頑張ってください。 応援しています。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-30 01:39 | 美容外科
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り), 顎骨骨切り術
本日ご紹介の患者さんは頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り),顎骨骨切り術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約1年6ヶ月(頬骨)、術後約1年(顎骨)再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_2143063.jpg

きれいな小顔になられて順調な経過です。 

今年も残すところあと二日となりました。 明日、明後日の手術が順調に終わりますように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-29 21:04 | 美容外科
小陰唇縮小手術
先日ご相談メールをいただきました。 様々な問題を内包するご相談でしたのでご紹介させていただきます。具体的地名等は患者さんのプライバシーのため隠させていただきます。

「女性器形成についてのご相談です。経緯を書かせていただきます。 昨年の三月に○○県の美容外科にて小陰唇縮小手術を受けました。この病院を選んだのは、比較的近かったこと、形成外科専門医だったこと、女性の医師だったからです。静脈麻酔で完全に眠っていたので痛みはありませんでしたが、術後は、術前説明より大分、痛みと出血があり、それが長引きました。しばらくして局部を見ると凸凹だったので、先生に連絡を何度かしましたが、返信をしてもらえませんでした。私もこの先生に修正手術を頼むのは怖かったので、○○の美容外科に行く事にしました。ここは日本美容外科学会の会員で、形成外科専門医で、女性の先生だったので決めました。凸凹の相談だったのですが、何故か陰核包茎の手術になってしまい、陰核の場所を知らなかった私は、凸凹が治るものと思い、手術を受けました。この術中、思いもよらないことを言われました。「クリトリスがほとんどない」「前回の手術で切られた可能性がある」「その場合、相当出血と痛みがあったはず」思い当たる節がありましたが、どうすることもできませんでした。当然、この手術で凸凹が治るはずもなく、つい2週間前に同美容外科にて小陰唇修正手術を受けてきました。ですが、腫れがあるとしても、凸凹は治っていません。女性の先生に固執し、病院を選んだ私が悪かったかもしれませんが、形成外科専門医などの肩書き、歌い文句がとても立派だったので、信じていました。今は何を信じていいのか分りません。お金もないのに大金を支払い、クリトリスを切られ、奇形にされ、修正できるのかと思うほど小陰唇が小さくなってしまいました。手術の恐怖と痛みにたえ、大金を支払いこの結果かと思うと、涙が出てきます。「美容外科医のモノローグ」というブログ?内の小陰唇手術の写真を拝見しました。2007-03-31が特に綺麗で、驚きました。手術に対してのお言葉なども読ませていただき、この先生なら、と思いメールさせていただきました。 ○○県と遠方でカウンセリングに容易に伺えません。失礼承知でお聞きさせてください。メールで写真をお送りし、詳しくは無理でも、大体のご意見をお伺いすることはできませんでしょうか?お忙しいところ、長々と本当に申し訳ありません。どうかよろしくお願いいたします。 」

ご返信としては「写真をお送りいただければ可能な限りの助言を行いますが実際の診察と異なり限界があるため正確な判断はできません」 となります。 お苦しいかと思いますがどうか通院に便利な良医をお近くでお見つけになられ現在のお悩みがすこしでも良くなりますようにと願います。どうしてもということでご遠方よりはるばる私をお訪ねになれば私の持ちうる全ての能力を尽くして診させていただきますが処置不可能かもしれません。

この小陰唇縮小手術ですが知人の形成外科専門医に尋ねても「小陰唇縮小手術などやったことない」と言われたりします。 大病院の産婦人科医としてハードな日々を送っている知人の産婦人科専門医にいたっては「え? そんなことする人(患者)がいるの? 」とのリアクションをされ私もびっくりしました。

最近婦人科手術の修正手術ご依頼が多いのですが実際は一般的な病院ではほとんど行われてはおらず簡単そうで実は奥が深い手術だからだと思います。 
解剖学的なanomaly(亜型)には注意が必要です。

私がアドバイスとして申し上げることができることといえば「「専門医商法」「経歴商法」にだまされないように。 」 ということです。 喧伝しなくても紹介や口コミで患者さんはいらっしゃいます。 できる医者ほどそんなものを喧伝していません。 

山口大学教授の柴田二郎先生は著書「医者のホンネ」という本で「専門医制度は医の堕落である」と看破されていました(柴田先生はその信条で専門医の取得をボイコットされています)。医者同士におけるお互いのアイデンティティー確認ぐらいの意味しかもたないはずの専門医の肩書きが医療法でも広告可能になりまさにアメリカ型の専門医商法が日本を侵食しつつあります。 

経歴に至っては医療法第2節第6条の5にて広告許可事項に含まれていないにも関わらず多くの医院でインターネットにおける法制度の不備をついて広告事項となっています。

雑誌広告においては「取材」という形態を用いて多くの宣伝広告がなされていて実際の医療法の精神が骨抜きとされています。

以前、雑誌社から「取材させていただきたいのですが」とご連絡がきて「ぬー 自分もそんな身分になったのかのう?」 といぶかしがりましたら、あっさり「取材形態の有料広告です。」とのことでズッコケました。  自分もそのような営業をうけるまでDr対談系記事の裏のカラクリをしりませんでした。

医療法の精神を骨抜きにする行為が野放しになり営利目的で「患者を釣る」ことがなされているのは嘆かわしいと思います。

来年は日本がよりよくなりますように!

お心遣いをいただきました。
d0092965_1564665.jpg

マシュマロでした。 ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。


追記:本患者さんの手術結果は2011年4月16日の記事に記載させていただきました。(2011.04.16追記)
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-28 00:22 | 美容外科
顎骨骨切り術
今日は1949年 オランダがインドネシアの主権を放棄しインドネシア連邦共和国の成立した日です。インドネシア自体は1945年8月17日にスカルノ、ハッタが独立宣言を声高に宣言しましたが日本の敗戦後再びオランダの占領下になりました。
インドネシアの独立を応援していた日本兵の中には敗戦後オランダ軍管理下におかれてもインドネシアの独立を陰ながらも援助しその地に残った約2000名の日本兵のうち約1000名がオランダからのインドネシア独立戦争で命を落としたといわれています。ジャカルタの英雄墓地には独立戦争で命を落とした日本兵が葬られ、今も日本に感謝の意を込めて、独立記念日の祝典では、インドネシア人が日本兵の服装をして国旗を掲揚するそうです。

以前に観た「ムルデカ」(インドネシア語で「独立」)という映画が思い出されます

他国の独立のために命を賭けた日本兵・・ 美しかった日本人として多くの無名日本兵に敬意を表したいと思います。

本日ご紹介の患者さんは顎骨骨切り術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後9ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0204866.jpg

順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-27 00:17 | 美容外科
鼻ヒアルロン酸隆鼻術
今日は15年前のソビエト連邦が解体されロシア共和国が独立した日ですがソビエトからロシアになっても北方領土はいまだ返還されずシベリア抑留に対する謝罪もありません。

奇しくも12月26日は1956年 にシベリア抑留からの引き揚げ船である興安丸最後の一便が舞鶴港に入港した日でもあります。

スターリンが抑留命令を出した8月23日をシベリア抑留記念日とするという考えもありますが個人的には過酷なシベリアでの抑留を経て生存した最後の日本人が本土に引き上げてこれたこの日を政府にはシベリア抑留追憶記念日として制定して頂きたく思っています。

本日ご紹介の患者さんは鼻ヒアルロン酸隆鼻術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術直後です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_2365177.jpg

内出血がおこりませんように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-26 10:47 | 美容外科
鼻尖縮小術、鼻中隔延長術
12月25日今日は欧米諸国ではキリスト誕生日(とされている)として祝う日ですが日本人としては志賀潔が赤痢の病原体を発見した日、大正天皇が崩御した日や1941年に香港のイギリス軍が日本軍に降伏した日として印象深いかもしれません。

キリスト教会のステンドグラスやクリスマス、サンタクロース、そしてディズニーランド等、欧米の文化には明るさや夢を感じさせるものが多いと思います。
それが世界的に広く広がり多くの人に受け入れられている理由だと思います。
日本の神道は厳かな雰囲気のイメージではありますがきらびやかさや明るさはありません。
また普遍的な教えの宗教ではなくどちらかというと土着の宗教になります。
残念ですが日本の宗教や文化的行事が世界に広まらないのはそこらへんに理由があると思います。 

明治維新以降文化的敗戦も喫し続けていた感は否めませんが車やウェークマンなどの物作りだけでなく最近はゲームや漫画のソフトの面でも日本の物が世界に広まりつつあり息吹を吹き返してきた印象があります。

サンタのお話のように例えばアマテラスオオミカミが子供達に贈り物を届ける楽しい物語が日本にもあったらなぁと思いつつ今後の日本文化の更なる興隆に期待してクリスマスを過ごしたいと思います。

さて本日ご紹介の患者さんは以前他院で小鼻縮小術をお受けになられた後、ご依頼により私が小鼻縮小術の再手術行った既往のある患者さんです。
今回は鼻尖縮小術、鼻中隔延長術をお受けになられました。
上段:初診時です。
下段:術後(鼻尖縮小術、鼻中隔壁延長術)1週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_21192492.jpg

順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-25 21:23 | 美容外科
豊胸バック摘出術
先日以下のようなメールを戴きました。 しばしば同様の内容のメールを戴きますのでここでご返信させていただきます。

「すみません ここで何ヶ月も前から手術の予約を取ろうとしているのですが、一体いつになったら予約が取れるのですか? 一生無理な気がします。 電話回線を増やしたらどうですか? 他の皆さんも予約を取りたいと思っていると思いますよ待ちきれなくて他院にいって失敗し、人生がダメになった方もいると聞いています。いいかげんに予約システムを改善したらどうでしょうか? SBN価格という物もかえって逆効果だと思います。写真を載せれば手術して頂けると思って電話する人が増えてキャンセル待ちも中々回ってこないとおもいますよ SBM価格の理念も分かりますが゛、キャンセル待ちが更に回ってこないのは、非常に困ります。私以外に先生の手術を受けたいと思っている方はたくさんいると思いますので 通常の美容外科と同じ゛価格にしても来られる方はいると思いますので 値上げを希望します。 私も同じ価格にして頂いても 受けますので 是非お願いします。それか何ヶ月以上キャンセル待ちしたら予約が取れる等にして頂かないと 平等では無いと思います。 高いカウンセリング代を払っているので、受けれなかったら意味はありません。あと遠方から来られる方の場合は交通費が結構かかりますし、並んでも予約が取れなければ、何の意味もありませんし その制度もやめた方がいいと思います。 いままで どうり電話だけの予約の方がよっぽど良かったですあの時の方が電話は繋がりやすかったです。 元に戻した方がいいと思います。長文になりましたが、こう思っているのは私だけではないと思いますので 何か対策を立てて下さい。  それでは 失礼します。 」

まずご予約が混んでいることを深くお詫び申し上げます。
様々な方法を試行錯誤してなるべく皆様のご要望に応えるべく努力をしていますが実際問題としてクリニックの規模からいって可能な一日の手術件数に制限がありますのですべての方のご要望にお答えするのは現実的に不可能です。 

値段の件ですが値段については私が適正価格と思う値段で手術を行っております。もっとお金をだしてもといってくださるのはありがたいことですが私には私なりの理念がありますのでご理解いただければ幸いです。 移転や人員増員、設備投資等で必要経費が上がれば値上げする場合もありますがその際はご容赦ください。

電話だけの受付ですともう収拾がつかなくなってしまっているので現在のようなご予約の形態にさせていただいております。 

私は無名な一美容外科医です。 視野を広くもてば私ごときよりもはるかに優れた医師がたくさんいると思います。  どうか私に固執せず多くの医師のカウンセリングを受けご自身に合う医師をお見つけになられることを願っております。
人生は一期一会です。 もし私が担当医になることができましたら健康的に美しくなれる一助となるべく全力を尽くしますので末永くよろしくお願い申し上げます。


さて本日ご紹介の患者さんは7年前に他院にて豊胸バックをいれた既往のある方です。
左の胸がだんだん小さくなっていき、右の胸が先月に急に小さくなり他院にて右が明らかに敗れていると指摘され両方のバック抜去のご希望にて御来院されました。

上段:術前です。(左:立位両腕挙上時 、 右:仰臥位 )
下段:術後1週間抜糸時再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_18352671.jpg

術中所見としては両方ともすでに破れておりドロドロした内容物が流出してきました。
念入りにジェット水流にて洗浄し閉創しました。

抜去した人工乳腺(バック)になります。
d0092965_21142988.jpg



メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
69.解剖学と生理学は病気に直接関わる生きた教材として、ますます重要性を増していくでしょう。

William・J・Mayo
69.生命体を、病理学的な立場から説明するということは、近代医学における顕著な特徴であります。


本日脂肪吸引した患者さんのご希望により吸引した脂肪のUPです。
d0092965_2139592.jpg
d0092965_21391529.jpg
d0092965_21392788.jpg

約5200ccになります。 きれいに細くなりますように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-24 18:34 | 美容外科
たれ目形成術
今日は天皇誕生日です。
1948年に故意に連合軍が現天皇(当時の皇太子明仁)の誕生日に処刑執行日を合わせて 極東国際軍事裁判で死刑判決を受けたA級戦犯7名が絞首刑執行された日になります。

国内的には敗戦の責を問われるのはいたしかたがないかもしれませんが当時の国際情勢を鑑みても連合国側から事後法にて裁かれ死刑に処された方々は無念極まるものがあると思います。 連合国側からのいわば憂さ晴らしの私刑によって処された方々のご冥福をお祈りします。
これからも極東国際軍事裁判のような茶番劇が国際社会でおこらないように切に願います。


本日ご紹介の患者さんはたれ目形成術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後一週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_18302199.jpg

順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-23 18:31 | 美容外科