<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
二の腕脂肪吸引
本日は二の腕脂肪吸引術後の患者さんのご紹介です。

上段:術前です
下段:術後約1ヶ月です。 (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_123568.jpg

脂肪吸引は約半年かけて完成形に近づいていきます。 もっとしまった感じにこれからもなっていきます。

★蛍の光★

今日はほたるの光について一言

ほたるの光といえば卒業式、または終業間際の店内音楽というのが定番になっています。
元は明治時代におけるスコットランド民謡の翻訳唱歌ですが今や日本においてすっかり溶け込んでいる唱歌といえると思います。

その一番、二番の歌詞である

ほたるの光、窓(まど)の雪。
書(ふみ)よむ月日、重ねつつ。
いつしか年も、すぎの戸を、
明けてぞ、けさは、別れゆく。

とまるも行くも、限りとて、
かたみに思う、ちよろずの、
心のはしを、一言(ひとこと)に、
さきくとばかり、歌うなり。

はあまりにも有名な歌詞ですが大東亜戦争終戦後以下の三番、四番がGHQによって教科書から削除されたことは現在あまり知られていません。

筑紫(つくし)のきわみ、みちのおく
海山(うみやま)とおく、へだつとも
その真心(まごころ)は、へだてなく
ひとつに尽くせ、国のため

千島(ちしま)のおくも、沖縄(おきなわ)も
八洲(やしま)のうちの、守りなり
至らんくにに、いさお しく
つとめよ わがせ、つつがなく


全力をかけて戦い破れ、千島はソ連に沖縄は米軍占領下であった当時の日本人としては三番、四番を歌う事は辛かったかもしれません。

文部省は時代の趨勢によってこの四番を色々変えてきました。
例えば
日清戦争による台湾割譲後には
千島の奥も 台湾も 八島の内の 守りなり

日露戦争後には
台湾の果ても 樺太も 八島の内の 守りなり

などと・・ 

そこで現代版として国際司法裁判所の前に出ることもなく現在も公然と不法占有を続けているロシアと韓国に対し日本人はこのことを記憶にとどめるためにも

4番替え歌

千島(ちしま)のおくも、竹島(たけしま)
八洲(やしま)のうちの、守りなり
至らんくにに、いさお しく
つとめよ わがせ、つつがなく

を歌って欲しいと思います。 今の文科省にそんな替え歌を広める度胸も度量もない事は百も承知ですが・・・。  
ロシアも韓国も法治国家としての自負があるのなら国際司法裁判の裁きをうけるぐらいの度量をもって欲しいのが私の願いです。

ロシアは最近極右青年による外国人殺人事件が相次ぎその多くが無罪もしくは軽微な刑によって処されていると報道されています。
韓国は2年前の3月2日に親日・反民族行為真相糾明に関する特別法を成立させるなどおおよそ我々の法治国家の概念とかけ離れた法のあり方をもっている国々が隣国であるということは大変なことですが粘り強く対話をつづけ国際法を遵守できる大人の国々の関係になってほしいと願っています。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-31 23:29 | 美容外科
目頭切開
今日は目頭切開をご紹介します。

写真は患者様の快諾を得て供覧しています。

上段:術前
下段:術後 
d0092965_2243878.jpg

目頭切開の方法としては様々な方法があります。 術式は患者さんの現在の目の形態とどのような目頭になりたいかによって選択が異なります。

今回の症例の患者さんは小さなZ形成術を目頭部分に行っています。
ちょっとだけの変化を得たいときには小さなZ形成術は傷も目立たず良い適応です。


本日ある病院で麻酔医として仕事中に面白い事がありました。

腹腔鏡下胆嚢摘出術の麻酔をかけたのですが麻酔をかけ終わってもなかなか外科医が現れませんでした。 本来予定していた時刻にあるべきな手術の刺激がなかったので血圧が下がってきて私はそれを気にして昇圧剤の準備をしていました。現れた外科の先生は女医さんで私に「もうちょっと下がりますか?」と聞きます。
外科医は術野の出血を嫌うので麻酔医になるべく血がでないように低血圧麻酔を依頼することがままあります。 私は「いや、いま下がりすぎなので上げてます」と返事をしました。
するとちょっと困った顔をして「でももう少しさげて頂きたいんですけど・・・」と言います。
これ以上血圧を下げると正直危険と判断した私は内心(この女医さん無茶いうなぁ・・ 困るんだよなぁ術野の事しか考えないこういう外科医・・・)と思って彼女の顔をマジマジとみるとふと小さなその体がベットの高さに合っていない事に気がつきました。

そう  彼女は私にベットを下げて欲しいと頼んでいたのです。 目的語がなかったためお互いとんちんかんな会話をしていたわけです。

先日 邦画は日本人の阿吽の会話が好きと書きつつ自分は阿吽の会話ができていませんでした。 反省しきりです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-30 22:22 | 美容外科
ウェスト脂肪吸引
今日はウェストの腕脂肪吸引の症例の紹介です。

脂肪吸引はライフクリニックの勝間田先生が1983年 フランスから脂肪吸引器を日本で始めて輸入し、当時勤務していた十仁病院にて脂肪吸引を始めたのが日本での脂肪吸引の曙となっています。

今回ご紹介する患者さんはウェスト部分の脂肪吸引をされました。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_20471769.jpg

ウェストラインがよりキュッと締まりました。

本日はハロウィンのお菓子の差し入れをいただきました。
d0092965_219825.jpg

横にちっちゃなボタンがついていて押すとお菓子が一個でてくる造りになっているようです。せっかくなので患者さんみんなが楽しめるように待合に置かさせて頂きました。

そして名古屋コーチンパイも頂きました。
d0092965_2192019.jpg

名古屋の味噌煮込みうどんやういろう等名古屋の味覚は大好きなのですがコーチンパイは初めてでした。おいしく頂きました。 ありがとうございました。

今日は午後に長時間の手術が入っていたのですがご遠方からいらっしゃる予定の患者さんが体調がすぐれないとのことでキャンセルになりました。
早く体調がよくなりますように!
せっかく時間ができたのでずっと見たかった「出口のない海」を空いた時間を使って観にいきました。上映が11月2日までだったの観れないだろうとあきらめかけていたので嬉しかったです。(体調が悪くてキャンセルされた患者さんには不謹慎で申し訳ありません。)
d0092965_219285.jpg

邦画においては日本人の阿吽の会話の呼吸のリズムが好きな自分にとって登場人物達の会話の流れがややバタ臭い印象を受けましたが、今の日本が先人達の血と汗と涙のおかげであることを再認識させてくれました。 日々の業務で忙殺されがちですが決して先人達への感謝の念を忘れず生活していきたいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-29 23:06 | 美容外科
奈良
昨日、今日と奈良県で開催された第33回日本マイクロサージャリー学会に行ってきました。

マイクロサージャリーとは顕微鏡下に行う手術であり、学会の前身である研究会第1回は32年前に奈良県立医科大学整形外科の玉井先生が会長として開催されました。

その後代々整形外科と形成外科の教授が交代で会長を務めている整形外科と形成外科のhybridな学会です。

学会の講演で特に盛況だったのはマスコミにおいても有名な公仁会大和成和病院心臓病センターの心臓外科医である南淵 明宏先生の「手術のうまい下手」という講演でした。
大学病院の教授らが多数参加している学会上のおいて「日本の医療制度の諸悪の根源は大学病院の研究至上主義および権威主義。 日本の医療の発展のために大学病院は明日からでも医療行為を即刻停止していただきたい。 現在の専門医制度は外科医としての能力を示す制度では全くないのだから意味なし。教授達よ 現場の第一線の臨床医をなめるな! 」 との内容の講演は聞いているほうにはあまりにもスリリングでした。

もちろんそのような過激な表現は南淵先生なりのレトリックでありましょう。

しかし南淵先生のいわんとしていることはよくわかります。
日本の医師社会は学術?活動に重きを置き実際に歴然と存在する外科医の手術の巧拙は事実上無視されてきました。

彼は心臓外科領域における手術技能の可視化、概念化、評価の方法を工夫し若手医師の養成のためコンテスト形式のチャレンジャーズライブ(実際その場で縫合等をして技巧を競い合う会)を開催するなど真の手術技能の向上を目指す医師達と積極的な活動をしています。

美容外科領域ではそのような事は夢のまた夢でしょうか・・・

マイクロサージャリー学会では整形外科や形成外科が科の枠組みを超えて活発な発表、議論、技術講習会等行っているのに対し美容外科学会では形成系と十仁系にわかれてしかも学会の参加は許可制(自分達にとって都合が悪いと判断する医師は入場させない)をとっており技術講習会などもありません。

また美容外科手術は癌に対する手術や心臓外科の手術のように死亡率等の数字で評価ができません。 数字で評価するとしたら唯一数字化されている「売り上げ」で評価されてしまうことになります。

そこが美容外科界の問題の根っこがあると思います。

現在の美容外科において売り上げは技術力とはあまり相関関係はありません。
もちろんそう(売り上げ≒技術力)主張する先生もおられるでしょうが私はそうは思いません。
えてして技術がある職人肌の先生は宣伝を「品がない」としたがりません。
しかし美容外科は商業ベースであることを割り切っている先生は儲けたもん勝ちと考えていますからバンバン広告をします(医療法では広告は禁止されていますから隅っこに小さく「取材」とか「ビデオパッケージ説明文」とか書かれいます)

個人的には「巧言令色鮮し仁」ではないかと思いますが患者さんがいて色々ニーズを言われてこそ技術もそれにあわせて精錬されていくので一概に患者さんに目をとめてもらうようにすることを全て否定するわけにもいきません。


奈良は公園に鹿がたくさんいてのどかな雰囲気でとても良かったです。
今回は時間がなく春日大社にいけなかったのが残念でした。
d0092965_035610.jpg

今度奈良に行くときは春日大社にお参りしたいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-28 23:45 | 美容外科
たれ目形成
以前たれ目形成をされた患者さんとしてご紹介した患者さんが術後三週間後検診にいらしたのでご紹介します。

上段:術前
中断:術後一週間
下段:術後三週間
d0092965_133574.jpg

大変満足されているそうですができればカラーコンタクトをつけて(第三週目の写真はカラーコンタクトを装着しています)いる状態で黒目の下の白眼部分がでるぐらいに下眼瞼を下げたいとのご要望がでました。

女性の美しくなりたい欲求は底果てないのかも知れません。

これにどこまで応えることができるかが美容外科医の力量といえるでしょうが医学的に患者さんに不利益が及ぶようであれば止めるのも医師の務めです。判断にしばしば悩む所です。
今回は熟慮していただいてそれでもやはり御希望であれば御希望にお応えしたいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-27 02:08 | 美容外科
鼻口唇角形成術
今日は鼻口唇角形成術(びこうしんかくけいせいじゅつ)の患者さんの再診がありましたのでご紹介します。

鼻口唇角形成術は鼻柱の付け根が食い込んだ感じがする方の鼻の側面像を改善するのに有用な手術です。 インプラントもしくは軟骨を用います。

・術前です       ・術前に指でシュミレーションします ・本日再診時(術後一週間)です
d0092965_1514917.jpg

(写真は患者さんの快諾を頂いて供覧しています)
赤矢印の部分が鼻口唇角部分です。ここがひっこんでいるとなんとなく鼻がすっきりしない感じがでてしまうのでこれをだして鼻をすっきりした印象にする手術が鼻口唇角形成術になります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-26 23:51 | 美容外科
目の下の脂肪取り
目の下の脂肪取りの御依頼が最近多いです。

目の下の脂肪は3個ぐらいの脂肪の袋があり各々から脂肪を適量ずつ取り出すという作業を目の中の結膜という赤目の部分を切って行います。
片目分の脂肪です。
d0092965_21354323.jpg

こうやってみるとなんだか琥珀色の宝石みたいです。

先日いただいた最中を食べました。
d0092965_2135534.jpg

おいしかったです。

先日スタッフといったラーメン屋さんは光麺というラーメン屋さんでした。スタッフのお勧めで初めて私はいきました。
ラーメンもおいしかったですがその時ついでに頼んだ炭火焼塩梅豚トロ丼?が非常に美味でした。 お勧めです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-25 21:43 | 美容外科
脂肪注入豊胸
脂肪注入豊胸の方の術後約3週の検診が先日ありました。

内出血もとれきれいに胸が大きくなっています。(写真は患者様の快諾をいただいて供覧しています)
上段:術前
下段:検診時
d0092965_20415287.jpg


脂肪注入豊胸は石灰化やしこり形成の可能性があるため将来の乳癌検診の際に誤診の原因となるリスクがどうしても避けられませんが異物では作り出せない自然な乳房の形態が形成されるのが利点です。

1回の注入で完全に大きくしようとするのではなく何回かにわけた方がしこり等のリスクが減少します。

急がば回れ

これは脂肪注入豊胸にもいえる格言です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-24 23:42 | 美容外科
婦人科手術
私が勤務しているあるクリニックでは婦人科の手術が多いです。

他院手術後の修正手術も多く本日いらした患者様もその一人でした。
その方のご了解を得ましたので先日その方から頂いたメールを載せます。

「夜分遅くにになってしまったのでメールで失礼します;
小陰唇の手術でお世話になっている○○です(^^)

質問なのですが宜しいでしょうか?
私は△△形成外科にての手術の修正だったのですが、
手術の出来が不自然で納得がいかず修正を受けたと△△さんの方に報告しましたら意見書
を書いてもらうようにと頼まれました。
先生の方では意見書は書いて頂けるのでしょうか?
お手数をおかけしますがお返事頂けたら有り難いです。」

△△形成外科は形成外科医主体の団体である美容医療協会のHPで積極的にオンライン公開相談室で回答等行っており名医としても本とかに掲載されているようです。

ご相談の方は合計35万以上の手術代金を支払い婦人科の手術をうけられましたが結果に納得せず私の元にこられました。
診察上は専門的な話になりますがsulcus praeputiolabialis部分の余剰粘膜皺襞の切除がされていなかったため外観的に厚ぼったい状態が残存されていました。
そこの部分の整形手術をおこなうことにより患者さんは満足されましたがその後患者さんは前医に不満を抱かれました。 「なんで大金を払ってあんな仕上がりだったのか?」
それが上記のメール内容につながったとのことでした。
お話を良く聞くと私の意見書を元に返金を求めたいとのことです。

さてここで問題が生じました。

まず、前医は形成外科医が美容外科を行う事を主張する団体の重鎮医師です。いわば権威です。当方は権威嫌いの無名一在野医師です。  団体相手を敵にまわすかもしれない意見書を書くのはある意味やりがいがありますがやはり基本的にはやっかいなことです。 しかし患者さんが希望する限り客観的事実は記載しなければなりません。明治天皇のお歌「よもの海みなはらからと思ふ世に など波風のたちさわぐらむ」が頭をよぎります。

次に医者の間での格言「後医は名医」が頭をよぎります。

後から診る医師は状況が有利であり前医の大変さがわからないことがしばしばあります。
どのような状況下でどのような話し合いがされて手術に至ったのか当方にはわかりません。
後から偉そうに「sulcus praeputiolabialis部分の余剰粘膜皺襞が切除されてませんでした」などとの意見書を書かれた医師の気持ちを考えると重い気分になります。

そして最後に前医と患者さんとの間にどのような話し合いがされていたのかの経過が気になります。 よくお話を聞くと切除範囲の話し合いが術前に明確にされておらず、術後も患者さん的には仕上がりが不満だったのにそれをきちんと前医に伝えず私のいるクリニックにきて修正手術を受けてしまったとの事です。

患者さんの言い分もわかりますが前医が当惑するであろう事もわかります。 
なぜなら何故気に入らなかったらその時声をかけてくれなかったの? と前医はきっと思うだろうからです。

今回の件は私から見ると切除範囲をお互いきちんと認識しあってなかった点ときちんと不満な点を前医に伝えず私の所で修正手術を受けてしまった点を考えると争って返金を求めても応じる可能性が少ないことと、もしそうであった場合よけい不快な思いをするのは患者さん自身であろうという旨をお話ししました。

しかし患者さんが納得いかない気持ちもよくわかります。

だから患者さんとのお約束でこの話を私のブログで公開することで憂さをはらして頂く事にしました。

sulcus praeputiolabialis部分の余剰粘膜皺襞(解剖学的にはanomalyです)は普通の医学書や解剖学の本には載っていません。 婦人科手術は上手くやろうとも雑にやろうとも評価されない分野の手術ですからあまりきちんと解剖のanomalyまで頭に叩き込んで手術する先生が少ないかもしれません。
修正手術でこられる方々にこの部分の取り残しが非常に多いです。
患者さんは「手術したけど何かがおかしい?」と悩んで私のところにこられます。

もし美容外科医でこのブログを読まれている方がいらしたらそこの部分の整形処置をきちんとしてあげて頂きたく思います。 

評価されない仕事でも手を絶対抜かないのが外科医として大切だと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-23 23:59 | 美容外科
鼻尖縮小術と鼻根縮小術
今日は鼻尖縮小術と鼻根縮小術の症例写真のご紹介です。

(写真は患者様の快諾を得て供覧しています)
      術前                   術後
d0092965_20464091.jpg


鼻先は鼻翼軟骨という軟骨を逢着し余分な軟部組織と軟骨を除去してケースによってはその除去した軟骨を鼻先に移植することにより鼻先を多少さげたりすることが可能です。

鼻根縮小術は鼻骨部(目と目の間の鼻の骨の部分)の幅を狭くすることにより鼻の上部の幅をすっきりさせる手術になります。


今日は静岡からいらしか患者様からお心遣いをいただきました。
d0092965_20464755.jpg

お茶と最中です。

ありがとうござます。

今日は顎削りに頬骨削りに脂肪吸引と忙しくちょっと精根尽き果てた感じなので最中とお茶は明日におあずけして今からスタッフとみんなでおいしいラーメンを食べに行って元気になろうと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-22 21:06 | 美容外科