カテゴリ:未分類( 7 )
ディバスティアーニ変法 脚延長術 術後約5か月
本日ご紹介の患者さんは ディバスティアーニ変法 脚延長術 をお受けになられて術後約5か月になる患者さんです。

まずは左脚の延長から開始しました。

左:術前です        右:術後約5か月再診時です
d0092965_2185536.jpg


途中「6cmまで伸ばしたいです。」という御希望もございましたがやはりいわゆる「脚延長の5cmの壁」にぶちあたりアキレス腱の伸長が追い付かなくなってきて尖足位になりかけてきたので機能を優先した方がよいことをご理解いただき5cmで創外固定器抜去となりました。


レントゲン写真です。
d0092965_21961.jpg

約5cm伸びています。

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

約1か月様子みて問題なければ今度は右脚を延長していきましょう!

またの御来院をお待ちしております。



脚延長術には

主に髄内釘を用いたISKD法、 創外固定器を用いたディバスティアーニ変法、 テイラーフレーム法等あります。

それぞれ長所、短所がありますので脚延長をご希望の方はそれらの特性をよくご理解いただき方法を選択してくだされば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-07-24 02:16
頬骨再構築術後約9年、小鼻縮小術(内側法)術後約8年、 頬骨前方削り術後約5年、鼻根縮小術術後5年
本日ご紹介の患者さんは頬骨再構築術後約9年、小鼻縮小術(内側法)術後約8年、 頬骨前方削り術後約5年、鼻根縮小術術後5年の患者さんです。

左:術前です。   
右:頬骨再構築術後約9年、小鼻縮小術(内側法)術後約8年、 頬骨前方削り術後約5年、鼻根縮小術術後5年再診時です。
d0092965_7243578.jpg

頬骨手術は初代しらゆり院長であった福島先生と手術しました。
かつてのカルテをみてもう約9年もの歳月が経たことに思いをはせまたもや目頭が熱くなりました。
諸般の事情により福島先生は院長職を私伊藤に禅譲し現在は一流の脊椎外科医として臨床の現場の第一線で活躍されています。
尊敬する外科医の盟友として福島先生とまた一緒に手術ができたら幸甚の至りです。
本患者さんは小鼻内側法は戻りもなく、骨切手術は後遺症なく順調な経過です。 

といいたいところですが 患者さんとカウンセリングルームで「そういえば昔ブログに・・・」と話題になり写真を一緒にみていたところ小鼻脇が赤かったのでフラクショナルレーザーをなんで当時あてたのか尋ねたところ「先生のところで小鼻縮小をやって1~2年後に他院で外側法の小鼻縮小をやってそのキズが気になって・・・」とのことでした。

おもわずズッコケました。  


自分自身 LTS(Log term stability :長期安定性)が重要だと思い長期経過の患者さんに深謝しつつご紹介していましたが、思えば患者さんは私の手術以外にも色々他院さんで手術等されている可能性があり、根掘り葉掘り詳しくその後を聞かないと正しく長期予後が診れているわけではないんだなと痛感した次第でありました。


よって本患者さんは「小鼻内側法は戻りもなく、骨切手術は後遺症なく順調な経過です」 ではなくて
「当院での小鼻縮小後(内側法) 数年後他院にて再度小鼻縮小術(外側法)をお受けになられ、骨切手術は後遺症なく順調な経過です」  と表現するべきでした。



2012年7月2日の記事を訂正させていただきます。


またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-10-12 07:13
アキュスカルプレーザー(頬、顎下)  ,NIMR(非切開式咬筋萎縮術)
今日は紀元前399年4月27日に、ソクラテスが「悪法も法なり」と毒杯をあおって刑死した日になります。


本日ご紹介の患者さんは頬と顎下をすっきりさせる目的にて同部位にはアキュスカルプレーザーを、咬筋を萎縮させる目的にてNIMR(非切開式咬筋萎縮術)をお受けになられた患者さんです。 NIMRは2回目になります。

頬はほどほどに、顎下はしっかりとのご希望に応じて施術を行いました。


上段:術前です。
下段:術後約2か月再診時です。
d0092965_5472858.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

アキュスカルプレーザーの完成は術後約3か月~半年になります。まだまだ引き締まっていくと思いますので経過をみていただければ幸いです。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-04-27 05:41
他院小陰唇縮小形成術 術後修正術  陰核包皮縮小形成術、肛門美的形成術
今日は大晦日です。

今年も大変いそがしい年でした。
今年の安部総理の靖国参拝は様々な議論を社会的には引き起こしたと思います。

安部総理による談話「恒久平和への誓い」


 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧(ささ)げるとともに、尊崇の念を表し、御霊(みたま)安らかなれとご冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀(ごうし)されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。

 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛(か)みしめました。

 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子どもたちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。

 今日は、そのことに改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。

 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。

 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。(平成25年12月26日 安倍晋三)



私は総理には靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑の両者を同日に参拝することが総理の上記意志がより対外的に明確になると思います。 是非来年には無名戦士の墓苑である千鳥ケ淵戦没者墓にも参拝していただきたく思います。


皆様のお陰で今日のしらゆりビューティークリニックがあると思います。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。




本日ご紹介の患者さんは他院にて小陰唇修正術をお受けになられるも変化があまりなくイモ虫のようになっていてキズ痕と陰核が目立つので修正のご希望ということでご来院された患者さんです。 また肛門の余剰襞もきれいに整えたいとのご希望でいらっしゃいました。

診察した結果、陰核の肥大はそれほど気にされなくてもよいのでは?とアドバイスさせていただき、ご希望されていた陰核縮小術はとりやめ、他院小陰唇縮小形成術 術後修正術  陰核包皮縮小形成術、肛門美的形成術をお受けになられることとなりました。

左:術前です。                           右:術後約3週再診時です。
(外性器の全体像はエキサイトブログの規約に反する可能性があるため当院HP上の右欄の「婦人科・肛門」のタグにてパスワード制で閲覧可能としています。 手術を御検討されていて閲覧御希望の女性はクリニックまでお電話くだされば幸いです。メールでのお問い合わせに対しては性別判定ができないためパスワードをお教えできません。)

順調な経過です。



またの再診をお待ちしております。



婦人科手術は上手くやろうとも雑にやろうとも評価されない分野の手術ですからあまりきちんと解剖のanomalyまで頭に叩き込んで手術する先生が少ないかもしれません。 修正手術でこられる方々に余剰襞の取り残しが非常に多いです。
患者さんは「手術したけど何かがおかしい?」と悩んで私のところにこられます。

もし美容外科医でこのブログを読まれている方がいらしたらそこの部分の整形処置をきちんとしてあげて頂きたく思います。 

評価されない仕事でも手を絶対抜かないのが外科医として大切だと思います。



婦人科手術のカウンセリングにおいて小陰唇や大陰唇縮小手術の麻酔についてよく聞かれます。
私が行っている麻酔の方法は以下の五通りがあります。

1.局所麻酔
長所:最も安全 (それでも麻酔薬に対するアナフィラキシーショックの可能性は数十万件に1件程度はありえる。)
短所:他の2.3.4.5と比較すると麻酔時に最も痛い方法なので麻酔薬注入時の疼痛軽減のために麻酔薬のPH調整、吸入ガスの使用、表面麻酔剤の使用等を行い複合的方法で痛みを軽減する。

2.陰部神経ブロック
長所:他の3.4.5.の方法に比べてリスクが少ない。痛みが少ない。
短所:万が一血管内に麻酔薬が入れば局所麻酔薬中毒を発症する可能性、麻酔施行医がこの方法に不慣れな場合、膣、直腸の各粘膜穿孔のリスク、麻酔施行時の不快感

3.硬膜外麻酔(仙骨神経ブロック)
長所:比較的安全で痛みが少ない
短所:2.と同じく万が一万が一血管内に麻酔薬が入れば局所麻酔薬中毒を発症する可能性。 くも膜下ブロックになってしまうと歩行能の再回復に4~5時間を要する場合がある。 その際注入麻酔量が多いと全脊麻(→心肺停止)の危険もなきにしもあらず。

4.サドルブロック(くも膜下ブロックの一種)
長所:会陰部肛門部のみに麻酔が効くため運動機能(歩行能)の障害がない。
短所:急激な血圧低下、悪心、嘔吐の可能性。くも膜という髄液がはいっている膜に針で穴をあけて薬物を注入するため手術後に髄液減少にともなう頭痛がでることがある。

5.全身麻酔
長所:意識がない間に手術が終わる。 
短所:完全な意識回復まで個人差があり手術当日の帰宅は安全確保のためタクシー等を要する。


どの方法がベストかはその患者さんが希望する麻酔形態(意識をなくしたいかとか、痛みをとにかく感じたくないとか、可能な限り安全に行いたい等)によりますから私の場合は上記5種の方法から患者さんと話し合いケースバイケースで選択しています。

先日お心遣いを戴きました。
d0092965_3274077.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-12-31 23:49
ウルトラVリフト ・ ショッピングリフト  術後約6週
本日ご紹介の患者さんはウルトラVリフト (ショッピングリフト)  をお受けになられて 術後約6週の患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約6週再診時です。
d0092965_382579.jpg

御本人いわく「ここ一か月で体重が3kg増えてしまったが顔がすっきりして満足です。」とのことで「満足(5/5)」とのことですが施術を担当した医師としては「ウルトラVリフト」というネーミングほどはVリフト(正面からみてVの字になるぐらい引き締まった感じ)の状態にはなっていないのが無念です。


ミラクルリフトのように固定源をもって引き上げるタイプのとは異なりルトラVリフトは糸を留置した部位の引き締まり効果、コラーゲン増生効果によりリフトアップを図る方法であるので効果は引き上げるタイプのリフトと比較すると引き上げ効果に関しては残念ながら劣ると思います。

ただ別名ショッピングリフトという名前のとおり ショッピングの合間にできてしまう程度(施術時間が短く ダウンタイムが短い)という意味ではダウンタイムのあまりとれないお忙しい方には有用なリフト方法と考えます。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3163089.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-03-06 22:04
顎先骨切術  術後約10日再診時
本日ご紹介の患者さんは 顎先を小さくほどよく尖らせたいとの希望にて顎先骨切術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約10日再診時です。
d0092965_2035738.jpg

まだ術後10日なので腫れています。
輪郭手術の完成には約半年を要します。

またの再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-04-19 20:13
ハチ
医師になって10年目
様々な人々と出会ってきました。人は皆 師。 先輩医師という師、患者さんという師。
数多くの事を教えられ今の自分があると思います。

ある一美容外科医のモノローグとして日々の師をこのブログを記載したいと思います。


先日山梨の病院に週末当直に行ってきました。 その日はなんと8人もハチ刺されの患者さんが外来にやってきました。 そのうちのお一人ショック状態になって救急車にて搬入されてきました。 酸素投与を行い、昇圧剤を投与しステロイド等点滴して状態の改善を図りましたがなかなか状態がよくなりません。10L/minで酸素を投与しても酸素飽和度は80台前半、血圧もどんどん昇圧剤打っても70台と好ましい状態ではありませんでした。
「年間ハチ刺されの死者は日本国内で20~50人」とどこかで読んだ文章が頭をよぎります。
喉頭浮腫にならないようにと祈りつつ必死に処置をしていきました。幸い懸念していた喉頭浮腫は発生せずICU管理にて状態が良くなりました。 その日の当直は午前中の整形外科外来に加えてICUの他の患者さんが肩関節脱臼を生じたり、施設の御老人が呼吸停止状態で発見されて救急搬入されてくるなど忙しい一日でした。

今までの医者人生でこんなにハチ刺されの人が一日の外来にくるなんてことはありませんでした。そこの病院の看護婦さんもこんなにハチ刺されの患者さんが来院してくるのは見たことがないと言っていたのでそこの地方特有のものでもなさそうです。「大地震の前触れか?」などとくだらない事を考えていましたが特にこの一週間地震もなく過ぎました。 
どうやらお祭り前で神社等の草刈りでハチが興奮したようです。

ハチに一度刺されたことのある方はエピペンhttp://epipen.jp/  を携帯されることをお勧めします。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-10 18:19