2017年 04月 19日 ( 1 )
乳頭縮小術 術後約6か月
4月19日 今日は1910年 -にパウル・エールリヒと秦佐八郎が梅毒の治療薬サルバルサン(606号)を発見した日になります。


最近 梅毒の罹患率が増えてきています。 皆様におかれましてはご注意願います。



本日ご紹介の患者さんは乳頭縮小術(ITO法)をおうけになられて術後約半年になる患者さんです。

ITO法は乳管を温存して乳頭を縮小形成する術式です


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_2105960.jpg

御感想は「満足(4/5)」とのことでした。 キズは執刀医からみても全くわからないほどだったので「満足(5/5)」でない御理由は何ですか? とお尋ねしたところ 「人からみてわからないかもしれないが自分でみて左右差がちょっと気になる」とのことで「満足(4/5)」とのことでした。

気になるなら是非レーザーでの微調整アフターケアを受けてくださいとご案内しましたが特にご希望されないとのことでした。

もし気になったらご遠慮なさらずいつでもまた再診にいらしていただければ幸いです。

またの御来院をお待ちしております。



先日スタッフがお心遣いをいただきました。
d0092965_2182214.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-04-19 23:08 | 美容外科