2016年 03月 20日 ( 1 )
他院鼻根部骨切幅寄せ術後修正術(鼻根部骨切り拡大術)  他院鼻尖部軟骨移植後修正術 
本日ご紹介の患者さんは他院有名形成外科専門医にて 鼻骨骨切幅寄せ術、鼻尖部軟骨移植術をお受けになられるも 思ったより鼻根部が狭くなり鼻根が高くなってしまいかつ鼻先の軟骨が浮き出るようになってしまったので同医師による修正術を2回お受けになられるも改善しないということでご来院された患者さんです。総額200万円かけたとのことでした。


患者さんの希望としては「鼻先の軟骨の突出を改善したい。 鼻根部の骨の幅を広げ鼻根部を低く戻したいとのことでした。


ご遠方ではありますし通常は執刀した医師による修正をお勧めしていますが当院でかつて他院お受けになられた頬骨骨切術が効果不十分であったためその修正術を再構築法でお受けになられ満足されていましたがご遠方のため鼻に関しては地元近くで受けたら本件のようになってしまいしかもその医師に再構築法を貶める発言をされたため「私は満足しています」と返答しましたというご報告をうけ 「患者さんにとってよかれとおもって地元の医師へ押し戻していたがそれはそれで患者さんに迷惑をかけているのかもしれないな」 と思いご依頼を受諾することとしました。

ちなみに頬骨再構築法は10年以上行っていますが極めて安全で患者さんの満足度の高い手術であると言えます。 
おそらく開発者のライフクリニックの勝間田先生と勝間田先生からご教授いただいた私のみが取り扱う術式であるためそのような偏見があるのかもしれません。


さて本ご依頼に対する修正術は 鼻骨部の骨を骨切りし拡大し、 歪んだ鼻先の軟骨を修正し、薄くなってしまった鼻先の皮膚を保護するために婦人科軟部組織を移植しました。

正面
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1394682.jpg

鼻先の軟骨のでっぱりは改善しています。
鼻根の骨も左右に広がり「鼻の空気の通りが良くなった」とのことで順調な経過です。


側面
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1395661.jpg

鼻根は希望通り低くなり鼻先のとがった軟骨もなくなり自然になり順調な経過です。

鼻を下から
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_140316.jpg

術前は患者さんにとって鼻先が移植した軟骨により左に傾いていましたが改善し順調な経過です。


婦人科部のキズは執刀医の私ですらどこにキズがあるのかわからないぐらいきれいに治り順調な経過です。

またの再診をお待ちしております。

2017年 2月 追記記事 記載



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_150525.jpg

ありがとうございます。 

どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-03-20 00:59 | 美容外科