二重切開形成術(若先生)
今日は1942年 に日本海軍が米豪間の連絡遮断を目的としてイギリスの保護領であったガダルカナル島に上陸した日になります。 後日、2万名もの日本兵の命を奪うほどの大激戦地になるとは予想だにされていませんでした。

このガダルカナルにおける連合国軍との戦闘はミッドウェー海戦とともに、太平洋戦争における攻守の転換点となった戦闘とされていますが、継戦能力の喪失という意味ではミッドウェーより遙かに重大な敗北ともいわれています。


本日ご紹介の患者さんは現在まで他院にて埋没二重形成術、部分切開術をお受けになられた既往があり、今回二重の幅を大きくしたいとのご希望にて二重切開形成術(若先生)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
中段:術後1週間再診時です。
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_2343972.jpg

「まだ腫れている感じがありますがほぼ満足です。腫れがひくのが楽しみです。」とのご感想にてやや満足(4/5)とのご感想でした。 
順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-06-16 14:16 | 美容外科
<< 美容形成外科後遺症:ルフォーⅠ... 目頭切開術(名古見先生) >>