腹部側腹部脂肪吸引(博士先生)
通常価格により記事変更予定

今日は2009年4月14日北方領土問題において平成16年に国後島に自ら本籍を移転し20年末には、北方四島に本籍を置く日本人が173人にまで増えるきっかけをつくったノンフィクション作家上坂 冬子(かみさか ふゆこ、本名:丹羽ヨシコ)氏が鬼籍にはいられた日になります。上坂氏により私も一日本人としてのロシアに対する意思表明手段を知り北方領土に本籍を移しました(その後竹島にはもっと少ない日本人しか本籍を置いていないことを知り竹島に本籍を移しました)。 よく産経新聞に寄稿されていましたが気骨ある文章には頭下がる思いでした。 

本日ご紹介の患者さんは腹部側腹部脂肪吸引(博士先生)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1か月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)

(写真は患者さんが通常価格への変更をご希望されたため掲載を取消させていただきました)


ガードルの跡がついており圧迫をしっかり頑張っていらっしゃる様子がうかがわれます。
感想表には「うーん (もっと)全体的に取ってもらうべきか否か迷いどころです」 とのことでした。


まだ術後1か月なのでこれからです。 脂肪吸引の完成は術後半年になります。
まだまだしまってくるので様子をみましょう。


先日博士先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_1211614.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-04-14 01:21 | 美容外科
<< 目頭切開(若先生) ミニリフト術後2年 >>