人中短縮術(若先生)
本日ご紹介の患者さんは人中短縮術(若先生)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
中段:術後約1週間再診時です。
下段:術後約7週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_22414940.jpg

「満足!」という御感想で順調な経過です。

もし3か月経ても傷が気になる場合はフラクショナルレーザー、MIPL等のアフターケアにて通常目立たなくなりますのでご遠慮なさらずご相談ください。現在他院で同様の手術をお受けになられた方々もそれらの方法でキズが目立たなくなっていますので気になられている方々はご相談いただければ幸いです。

先日若先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_23521746.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。

先日ヒポクラテスの誓いを紹介しましたが日本では1850年代に緒方洪庵(おがたこうあん)が日本人医家向けに扶氏医戒之略(ふしいかいのりゃく)を記載しています。 

扶氏医戒之略(ふしいかいのりゃく) (現代語訳)

一、人ために生活して自分のために生活を送らないことを医業の本質とする。楽なことを考えず、名声や利益を顧みず、自己を捨てて人を救うことを願うべきである。人の命を助け、人の病を治し、人の病の苦しみを和らげることのほかにあるものではない。

二、病んでいる人に対して唯その病人を見るべきである。 身分や経済力を顧みるべきではない。 一握りの黄金と貧しい人の両目の感激の涙と比肩できるものではく深く考えるべきである。

三、医術を施術するにあたっては病人をその対象とするべきであり、決して医療行為をすること自体を目的としてはならない。しがらみにしばられず、漫然とせず謹んで細心にわたり診なさい。

四、学術を詳しく研究することの他に誠実な言動や行動で患者に信頼されることを追求しなさい。しかし、その時代の流行を利用して奇妙な言い伝えを唱えて名声を求めるのはとても恥じるべきことです。

五、病人に足を運ぶときは適当な診察で何度も出向くのではなく、むしろ一度の診察に細心の注意を向ける必要がある。 しかし自身が尊大な態度で診察を怠ることはあってはいけない。

六、不治の病を患った人に対しても、その苦しみを和らげ、延命に努めるのは医師としての仕事である。これを放棄することは人の道に反する。たとえ救えないような病状でも、極力癒すことは仁術である。常に延命を考えるべきである。決してその死を告知しない。 そしてそれが患者にわかるような言葉遣い、態度をとるべきではない。

七、病者の経済的負担が少なくなるように思慮すべきである。命を救っても命をつなぐための経済力を奪ってしまっては何の益にもならない。 貧しい人々においては必ずその状態を思いやってならねばならない。

八、世間に対しては人々の好意を得ようとすることが必要である。学術が優れていようとも、態度や行いが厳格であろうとも人々の信頼を得ることができなければ医療を施すことができない。また世間の風潮に精通しなさい。特に医師には人の身体、命をゆだねられ、裸をさらされ、全ての秘密をあかされもっとも恥ずかしい懺悔も告げられる人格に値しなければならない。常に誠実温厚を旨として多くを語らず、何も言わなくもないようにすべきである。 ばくち打ち、酒飲み、好色、貪欲であることは論外である。

九、同業の人に対してはこれを敬い、これを賞賛すべきである。たとえそれに値しなくても努めて耐えなければならない。決して他の医師の施術に対して批判をしてはならない。人の短所をいうは徳のある人のすべきことではない。過ちを挙げることはつまらない人のやることだ。人はただ一つの過ちを指摘されるだけで一生分の徳を失う。その損失は甚大である。 おのおのの医師の流儀がありまた治療法がある。みだりにこれを批判すべきではない。老医は尊重しなさい。若い医者は愛しみ誉めなさい。患者がもし前医の治療の当否を聞くのであれば努めて前医を肯定するべきである。その治療法の当否の判断は現在の状態がわからないときはするべきではない。

十、毎晩、昼に診た病状を再考し、それを詳細に書きとめることを日課とすべきである。それらを積み上げて一冊の書とすれば自分にも患者にも大きな利益となる。

十一、治療のカンファレンスは人間が少ないことが重要である。多くても三人を超えてはならない。特に相談する相手を選ぶべきである。ひたすら患者の安全を最優先し他のことは省みず決して言い争ってはならない。

十二、患者が以前かかっていた医師を離れて、別の医師にかかりたいと依頼してもみだりに従ってはならない。まずかつてかかっていた医師に伝えてその医師の話を聞かなければ治療するべきではない。しかし前の医師が誤った治療をしていることを見過ごすことは医師のすることではない。特に危険な病気の時に治療を遅らしてはならない。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-04-09 23:41 | 美容外科
<< 陰核縮小手術(クリトリス縮小手術) 眼瞼下垂修正術、たれ目形成術、... >>