両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術、肛門美容外科
本日ご紹介の患者さんは両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術、肛門美容外科をお受けになられた患者さんです。



左:術前です。                        右:術後約1ヵ月再診時です。       
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
http://shirabeau.blogdehp.ne.jp/article/13415155.html
(症例写真は外性器の写真になりますので不快な方は閲覧をお控えください)

御満足ということで順調な経過です。

肛門のヒダの一部ふくらみは術後の硬結であり時間とともに改善していくことがほとんどですが3か月経ても気になるようでしたら追加切除を行います。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_22534262.jpg



ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-03-17 22:48 | 美容外科
<< 額アパタイト形成術、こめかみ脂... 鼻孔縁下降術(鼻孔縁延長術) >>