乳頭縮小術(乳管温存法)
今日は1932年 に満州国の建国が宣言され、その10年後の 1942年 にバタビア沖海戦で、日本海軍が連合軍艦隊に勝利し、インドネシア方面の連合軍艦隊が壊滅した日となります。

そのバタビア沖海戦の12年後の1954年3月1日に第五福竜丸が米国のビキニ環礁の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物を浴び無線長久保山愛吉氏がこの半年後の9月23日に急性放射能症で死亡しました。現在は第五福竜丸は東京夢の島の第五福竜丸展示館に展示されています。


本日ご紹介の患者さんは 本ブログに紹介されている患者さんのような術後乳頭 になりたいとのご希望にて乳頭縮小形成術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後1ヵ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_22573795.jpg

満足! とのことで順調な経過です。

今まで当ブログでは乳管温存する乳頭縮小の術式としてLewis法と単純切除法をご紹介してきましたが単純切除法は私が勝手に命名した名前であり文字通り単純に切るだけではないので誤解を色々受けた故、独断でITO法と変名させていただきます。 私が知る限りどの文献にも載ってない術式なので(私が浅学なだけかもしれませんが)あえてITO法とわかりやすく変名します。

上に紹介させていただいた患者さんはITO法にて乳頭縮小術を行っています。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-03-01 22:57 | 美容外科
<< 脂肪移植豊胸術 上口唇増大術(切開法) >>