顔面脂肪吸引
今日は63年前の1945年2月23日に硫黄島おいて日本軍が死守すべく死闘を行ったすり鉢山の山頂にアメリカ海軍海兵隊たちが星条旗を掲揚したとされる日です。

星条旗が一度立てられた後も何度かそれを降ろし日章旗を立て、しまいには血染めの日の丸を掲揚した硫黄島の日本兵の奮闘に敬意を表すると共に鎮魂を祈りたく思います。


本日御紹介の患者さんはお顔を小さくしたいとのご希望にて顔面脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後9か月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_0225177.jpg

御満足!とのことで順調な経過です。

術前にお話したリスクのとおりエクボができたとのことでこんどミニリフトをお考えになられているとのことです。
d0092965_02958.jpg
エクボはチャーミングといえばチャーミングです。 でも皮余りも含めて気になるようでしたらリフトを予定通り行いましょう。

脂肪吸引のリスク
1.吸引すればするほどエクボができる可能性が高くなります。
2.吸引すればするほど余剰皮膚が生じます。
3.口周りまで吸引をご希望された場合は顔面神経麻痺が生じる可能性があります。
  (通常回復まで約半年程度要します)

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0341167.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-02-23 23:09 | 美容外科
<< 上口唇縮小術(博士先生) 乳頭縮小術(若先生) >>