にきび痕治療:ダーマローラー (博士先生)
今日は1904年 に仁川沖と旅順港のロシア艦隊を日本軍が攻撃し日露戦争が勃発した日になります。


本日ご紹介の患者さんは にきび痕治療:ダーマローラー (博士先生)をお受けになられた患者さんです。

上段:施術前です。
下段:3回施術後(初回より約5ヶ月後)です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_1132715.jpg

にきび痕クレーターは徐々に浅くなってきています。 順調な経過です。

にきび痕や手術痕等の皮膚の凹凸は何回も治療を要しますが根気よく治療を続けていけばダーマローラーやフラクショナルレーザーで改善していきます。

博士先生はこの肌の凹凸改善に熱心に取り組まれて研究されている先生です。

時間はかかるかもしれませんが良くなっていきますのでこれからも頑張っていきましょう。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-02-08 01:16 | 美容外科
<< 美容形成外科後遺症: 乳輪脱色... 口唇ヒアルロン酸注入術 >>