ミッドフェイスリフト(エンドタインB)、眼の下のたるみ取り
今日は1968年 東京大学医学部自治会がインターン制度の運用と医師法改正をめぐって無期限ストを開始した日です。 これが東大紛争の発端となりました。

この時の紛争の教訓がいかされてか現在は研修医は現在給与が保証される身分となりました。マッチング制度により母校を離れて研修する医師が増えいわゆる医局や学閥の形態がかわりつつあるようです。 

私はマッチング制度以前に医学部を卒業したのでマッチング制度の恩恵!?はうけていませんが私がレジデントをした病院は全国津々浦々からレジデントがあつまってきている病院でした。 病院内で丑三つ時に仕事をしていると緊急コールが流れ現場に駆けつけると同期のメンバーがほとんどあつまってたりしてまさに不夜城の様相を呈しているような病院でした。
若き同期の何人もが体調を崩し入院するという激烈な環境でしたが学べるものも莫大で非常によい経験をさせてもらったと思います。

本日ご紹介の患者さんはミッドフェイスリフト(エンドタインリフト(ミッドフェイスB)使用)、目の下のたるみ取りをお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約5ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_2363829.jpg

中顔面はより若々しくなられ年齢不詳の妖しさがますます素敵です。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23105151.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-01-29 23:05 | 美容外科
<< 顔面変形治療:ルフォーⅠ型骨切... モントゴメリー腺(乳首周囲ブツ... >>