他院鼻プロテーゼ抜去、ハイブリッドフプロテーゼ留置術、小鼻縮小術、鼻尖縮小術
今日は旧暦でいえば(1854年)嘉永7年1月16日 アメリカのペリーが7隻の軍艦を率い、開国を求めて東京湾に再来した日です。

これをきっかけとして日本は必死の自立自存に向けた格闘の日々が始まることになりました。

アメリカの砲艦外交によって開国させられた日本は約90年後にアメリカの武力により国土を焦土とされ降伏文書に調印させられました。

1945年9月2日、東京湾の戦艦ミズーリ艦上で日本の降伏文書調印式が行われた際、ミズーリの甲板は二枚の星条旗で飾られました。一枚は真珠湾攻撃時にホワイトハウスに飾られていた物、もう一枚は1853年の黒船来航時にマシュー・ペリーの艦隊が掲げていた物であり、90年越しの勝利としてその旗の前で調印式が行われ日本に屈辱を与えました。

まさに耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び今日の日本の繁栄があることを忘れてはならないと思います。


本日ご紹介の患者さんは他院にてプロテーゼ隆鼻術をお受けになられたご既往があり、今回は鼻先を下げたいとのご希望にてカウンセリングの結果、他院鼻プロテーゼ抜去、ハイブリッドフプロテーゼ留置術、小鼻縮小術、鼻尖縮小術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1か月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_0581018.jpg

順調な経過です。

鼻先を下げる方法として
1.鼻中隔延長術
2.ハイブリッドプロテーゼ
3.鼻先段重ね軟骨移植術     等
がありますがそれぞれ長所、短所があります。
カウンセリングで疑問点をお尋ねになられそれぞれの長所、短所をよく把握した上で手術方法を選択していただければと思います。

ハイブリッドプロテーゼのリスク
1.感染が生じた場合移植した軟骨まで同時に除去しなければならない可能性があります。
2.プロテーゼ留置術のリスクがそのまま同じく生じます
  a.移動
  b.皮膜拘縮
  c.感染
  d.石灰沈着 等々
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-01-16 00:52 | 美容外科
<< 左目他院二重切開修正(若先生) 下眼瞼脱脂および脂肪移植 >>