エラ骨骨切り術、額アパタイト、目の下のクマ処理、鼻翼基部(ほうれい線)プロテーゼ留置術

本日ご紹介の患者さんは約1年5か月前にエラ骨骨切り術、7ヵ月前に額アパタイト、目の下のクマ処理、鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線プロテーゼ)留置術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:最近再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_361025.jpg

自分では劇的にきれいになったとの実感がわかないとのことですが周囲の人達からはかなりの好評ということです。

順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_362268.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
97.患者は総合病院の沈んだ入院生活の雰囲気から解放されて早く退院するほど回復も早くなります。
William・J・Mayo
97.誰ともくみせず一人で考え事をする人でもし考えが間違っていたら彼は変人です。しかし考えが正しかったら天才といわれます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-12-20 23:57 | 美容外科
<< 上まぶたの脂肪取りおよびたるみ... ヒアルロン酸SubQ 中顔面若返り術 >>