頬骨前方形成術( ヒアルロン酸 )
本日ご紹介の患者さんは先天的な左右非対称な骨格発育に起因すると思われる顔の非対称の改善のために左頬(むかって写真の右側の頬)にヒアルロン酸による頬骨前方形成術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術直後です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_054833.jpg

持続期間が約1~2年程度のヒアルロン酸2mlで施術を行っています。
左右差が改善され順調な結果です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-11-29 00:05 | 美容外科
<< 乳輪縮小術(内側法) まつげ植毛 >>