頬骨再構築法、エラ骨骨切り術、人中短縮術、顎プロテーゼ、鼻翼基部プロテーゼ
今日は平成17年(2005年)9月12日に、靖国神社より韓国政府を通じて北朝鮮政府に北関大捷碑(ホッカンダイショウヒ)が返還された日になります。 この碑の返還が友好を促進するどころか反日を象徴する碑にならないことを祈ります。

本日ご紹介の患者さんは頬骨再構築法、エラ骨骨切り術を同時にお受けになられた後に後日人中短縮術、顎プロテーゼ、鼻翼基部プロテーゼをお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
中段:輪郭術後4ヶ月再診時です。
下段:人中短縮術、顎プロテーゼ、鼻翼基部プロテーゼ術後1週間再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23361666.jpg

術後1週間以降もう三ヶ月近く再診にいらしておりません。

便りがないのは良い便りと信じます。また再診にいらっしゃることをお待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_042321.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-09-12 23:24 | 美容外科
<< 乳房インプラント抜去術 目頭切開修正術、涙袋形成術 >>