鼻中隔延長術(肋軟骨使用)、鼻尖縮小術、鼻孔縁延長(下降)術、鼻プロテーゼ留置術
本日ご紹介の患者さんは正面から見える鼻孔を目立たなくしたい、横から見たときにブタ鼻に見えないようにとの御希望にてご相談にこられた患者さんです。
鼻中隔延長術を行っている他の美容外科にて相談するも「無理でしょう。」と断られたとの事でした。 実際診察を行うと皮膚は厚く、鼻全体が硬く、指で鼻先をおしさげてようとしてもほとんど下がらず他院の先生のご判断と同様に私にも手術はかなり困難に思われました。 しかし強い御希望にて最終的にカウンセリングの結果、お鼻に対して鼻中隔延長術(肋軟骨使用)、鼻尖縮小術、鼻孔縁延長(下降)術、鼻プロテーゼ留置術をお受けになられました。  

上段:術前です。
下段:術後1ヵ月後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_11561548.jpg


(お鼻が)「もっと細くなりたいです。」とのことでした。 
強度的な問題よりこれ以上鼻先を細くするのは危険と術中判断したためこの細さになっています。 私としては現時点ではこれ以上細くしたいとの御希望ににお応えすることができません。 半年から一年経て手術部が治癒し全体の組織が柔らかくなった時点でまだその御希望がおありなら検討しましょう。



鼻中隔延長術のリスク
1.鼻先がゆがむ可能性
2.鼻中隔軟骨に移植した軟骨の体積にて鼻腔が狭くなり下からみると鼻中隔が膨らんでみえたり呼吸がしずらくなる可能性(他院で手術されてこの症状でお悩みの方々が何人も相談にこられています。)
3.時間を経てから鼻先の皮膚が薄くなる可能性(鼻先の皮膚の下が軟骨だからといってプロテーゼと異なり安全という保証はないと思います。)
4.採軟骨部(耳や肋骨部)の傷
5.鼻先が下がりすぎ、高くなりすぎという不満が生じる可能性または下がり足りないという不満が生じる可能性。
6.限界まで鼻先を下げて欲しいとの患者さんの希望に対してオープン法でそれに応えるべく手術を行うと創部の血流不良にて癒合不全、感染が生じる可能性。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-09-06 12:08 | 美容外科
<< 小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術 バッカルファット摘出術、顔面脂肪吸引 >>