他院フェイスリフト術後凹部修正術
今日は1894年 に北里柴三郎がペスト菌を発見した日になります。


本日ご紹介の患者さんは5年前に他院でフェイスリフトをお受けになられてその後頬の下部の凹みが生じたとの事でその改善目的に御来院されました。

カウンセリングの結果ヒューマンコラーゲンによるボリュームアップを御希望され施術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_13124225.jpg

凹みは改善され順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-08-25 16:55 | 美容外科
<< 金の糸  顔、頚、デコルテ ガミースマイル修正術 >>