乳房部脂肪吸引(乳房縮小術)、背中脂肪吸引、上腕脂肪吸引
今日は乳房部脂肪吸引(乳房縮小術)、背中脂肪吸引、上腕脂肪吸引をお受けになられた患者さんのご紹介です。
以前より胸が大きいのが気になりどうしても小さくしたいとのご相談でした。
診察をおこなってみると乳房体積に占める乳腺の割合が高く(乳腺は吸引できません)脂肪吸引をおこなっても大きな効果は望めない旨をお話しましたが「少しでも小さくなるのならば」ということで手術をお受けになられました。

上段:術前です。
中段:乳房部脂肪吸引術後約2ヵ月後検診時です。
下段:乳房部脂肪吸引術後約1年半後、上腕部脂肪吸引術後約11ヶ月検診時です。(患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_1234558.jpg

お背中も同時に吸引され服等を着られる際に一回り小さくなったとのことで大変満足してくださっていらっしゃいましたが具体的にどのくらい小さくなったかを術前術後で見たいとのご希望あり今回の写真UPとなりました。

乳房を小さくするには乳腺組織の割合が高い場合には残念ながらメスを用いての乳腺を切除し縮小する手術をせざるを得ません。 その際にはやはり乳輪周囲にキズが残ってしまうのが欠点です。 せめて一回りでも小さくするには脂肪吸引は一助となりえる方法です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-07-15 00:22 | 美容外科
<< 二の腕つけね および 背中脂肪... 乳房縮小形成術:Mckissock法 >>