顔脂肪吸引、バッカルファット摘出術
本日は沼津大空襲の日になります。 1945年に米軍B29の130機の編隊が海軍工廠や多くの中小軍事工場のある沼津市街上空に侵入し9077発、1039トンの焼夷弾を投下し沼津市の90%が破壊されました。


今日は顔面(含首周り)脂肪吸引およびバッカルファット摘出術をお受けになられた患者様のご紹介です。

今まで複数の他院にて計4回の顔面脂肪吸引をお受けになられたが効果がなく、色々と他院で相談しても「もう4回も吸引したのだから無理でしょう」とのことでした。診察の結果、確かに数回の吸引のせいか肉質が硬かったのですが私にはまだ吸引可能と思われたので手術のご依頼をお受けすることとしました。

上段:術前です。
中段:術後1.5ヶ月目再診時です。
下段:術後14ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの御希望にて供覧しています)
d0092965_1314252.jpg


実はこの患者さんの吸引手術の前に今まで他院にて3回顔面の脂肪吸引をされた方の脂肪吸引を行い、思ったよりも繊維成分が多く自分が予想するほど脂肪が吸引できなかったという事がありました。 よって、この患者さんに対して「5回目の脂肪吸引になるし・・やっぱり脂肪は引けないかも・・・自分の見立てが甘かった・・・」 と考え「(前述の体験をお話し)申し訳ありません。やっぱり自信がありません。」とお断りしましたが「頬がコケてもいいからできる限りやってください。」とご依頼してくださったのでお引き受けすることとしました。

手術中所見としてはバッカルは普通サイズであり、顔面も「いままでの4回の脂肪吸引とはどこをどれだけ吸引していたのだろう??」と不思議に思うぐらい脂肪が引けました。 

術後1年以上たった現在は昔の知人にお会いになるとびっくりされるぐらい子顔になられ大満足!とのことで順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-07-17 01:22 | 美容外科
<< 鼻尖縮小術(クローズ法)19ヵ月後 二の腕つけね および 背中脂肪... >>