まつ毛植毛術
今日は1898年 にハワイがアメリカ合衆国に併合された日になります。
そして1944年 大東亜戦争においてサイパン島の日本軍守備隊が玉砕した日になります。

今日は睫毛植毛の紹介です。

睫毛植毛は後頭部の髪付き皮膚を1×2cm程度採取してそれを細かく分けて(株分けといいます)それを睫毛に植毛する手術です。

長所は 睫毛がまさにたくさん増えてエクステいらずになります。 
短所は 後頭部の毛がそのまま睫毛として生えてきますのでパーマ等の手入れが必要になりますし睫毛がバサバサした感じ(それを希望される患者様が多いですが)になります。
元々生来の睫毛のように方向が綺麗に完全に揃うわけではありません。

睫毛植毛のコツは

1.綺麗に株分けをしてくれる職人さんの存在(これをカッターさんと業界では呼びます)
2.医師が植毛の毛の質や本来入れるべきライン、方向、位置等を的確に理解して植毛していく
3.眼球を絶対傷つけない事!

の3点が非常に重要です。 コツを会得していない医師に施術されますと内反睫毛(毛が眼球の方に向く状態)になったり、パーマをかけにくい睫毛、外観上変な睫毛になってしまいます。 これを直す方法はありますがここでは割愛します。

本日ご紹介の患者さんはもっとまつ毛を増やしたい!との御希望にてまつ毛植毛をお受けになられました。
術前です。
d0092965_02121.jpg

術後1週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_021418.jpg

(写真はクリックすると拡大します)
まだまつ毛にかさぶたがついていますが序々にとれていきます。
まつ毛植毛して数週間後に一度植毛した毛がぬけるので患者さんはびっくりされますが毛根は生着しているのでまた生えてきます。 毛周期による脱毛のようなものとお考え下さい。
順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-07-07 00:11 | 美容外科
<< 美容外科手術を受ける前にちょっと 額アパタイト形成術 >>