額アパタイト形成術、顎プロテーゼ、鼻プロテーゼ、小鼻縮小、鼻翼基部プロテーゼ
今日は1944年に米国がサイパンに侵攻してきた日になります。

サイパンの歴史は1521年3月6日にマゼランがヨーロッパ人として初めてマリアナ諸島を発見したのち3世紀に渡りスペインの統治下にされたことより西洋史に現れてきます。1898年、米西戦争でスペインの支配は終わりドイツに売却され、同島はドイツの流刑地となりました。
1914年7月、第一次世界大戦が勃発し、10月14日には連合国側であった日本が(当時はドイツは敵国)赤道以北の南洋諸島全体を占領しました。1920年には国際連盟の委任統治領となり、同島には日本の南洋庁サイパン支庁が置かれ、サイパン島は内地から南洋への玄関口として栄えていました。

この地に大東亜戦争中の1944年6月15日米軍が上陸を開始しました。

激しい戦闘の結果、追い詰められた日本兵や日本人民間人はアメリカ兵からの投降勧告に応じずいわゆるバンザイクリフ(サイパン島北端マッピ岬)やスーサイドクリフ(マッピ山北面の崖)から投身自決しました。
自決者は1万人にのぼるとも言われておりバンザイクリフの海は血で真っ赤に染まり、死体の海と化したとされています。

米国の占領後、1947年に国際連合のアメリカ合衆国信託統治領となり現在に至っています。

本日ご紹介の患者さんは額アパタイト形成術、顎プロテーゼ、鼻プロテーゼ、小鼻縮小、鼻翼基部プロテーゼをお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0182012.jpg

実は額は最初は額プロテーゼをご選択されましたが術後約3週の時点で「やはりヘリが気になってきたのでアパタイトでやり直したい」とのご希望にて額アパタイト形成術(小切開法)を行っています。
顎も鼻もすごくいいです! とのことで顎と鼻は順調な経過です。
またの再診をお待ちしております。

額プロテーゼ形成術のリスク
・プロテーゼの縁が術後しばらくして浮いて目立つことがある
額アパタイト形成術のリスク
・小切開法では完全にツルツルの額にすることはほぼ不可能です。 多少の凹凸ができます。
・冠状切開法(冠状切開法での額アパタイト形成術例)では表面が研磨できるため表面の凹凸の処理ができますが切開線が片方の側頭部から頭頂部前方を通り反対側の側頭部までいたるのでキズ痕が一見脳外科の手術を受けたかのようみえる可能性があります。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04881.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-06-15 00:18 | 美容外科
<< バッカルファット摘出術、立ち耳... 額アパタイト形成術 >>