小鼻縮小術
本日ご紹介の患者さんは小鼻縮小術をお受けになられた患者さんです。

左:術前です。    右:術後約1年再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0325541.jpg

順調な経過です。

私の行う小鼻縮小術のデメリット
・切除部位と範囲によってはキズが目立つ場合があります。 → アフターケアで目立たなくする処置を行います。
・あまり小さくすると鼻で息がしずらい等おこる可能性があります。
・内側法切除ですと多少の戻りが起こりえます。
・内側法切除ですと笑ったときのほうれい線の位置が下がりそれを術後に気にされる方がいらっしゃいます。(多くの場合は術後約半年で馴染んで気にならなくなりますが絶対的に気にならなくなるほど改善することは保証できません。)

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
82.産児制限をするよりも無責任な発言を制限したほうが国のためにはよいことになるでしょう。
William・J・Mayo
82.教会と法律とは、人間が生活してきた過去を扱いますが、医学は人間の未来のことを扱います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-05-19 00:31 | 美容外科
<< 頬骨(きょうこつ)再構築法、リ... MIPL にきび治療 >>