たれ目形成術(内側法)
今日は紀元前399年4月27日に、ソクラテスが「悪法も法なり」と毒杯をあおって刑死した日になります。

悪法とは闘いたくなる私はまだまだ未熟です。

以前、日米で訴訟を経験された中村修二氏(青色発行ダイオード訴訟)の講演を聴いたことがあるのですが中村氏が強調されていたことは米国では裁判開始の時点で事件に関わるお互いの資料をすべて提出し、資料が後出しの場合はそれなりのペナルティーが課されるのに日本の場合は隠したい放題 、 嘘つき放題だ! ということでした。  

日本の裁判も米国の裁判に倣って裁判開始の時点で事件に関わる資料をすべて開示せず自己に都合のわるい事実を隠していた場合はそれなりのペナルティーを科すべきだと思います。

本日ご紹介の患者さんはたれ目形成術(内側法)をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後1週間再診時です。 (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_2348135.jpg

右目がやや逆さまつげぽくなられたのが気になるとのことでしたがその後2ヶ月以上再診にいらしておりません。 またの再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23492148.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-04-27 23:50 | 美容外科
<< 小鼻縮小術 ミッドフェイスリフト、ロアーリフト >>