ミッドフェイスリフト、ロアーリフト
今日は1954年 に黒澤明監督の映画『七人の侍』が公開された日になります。日本を代表する映画の一つといわれています。私は米国留学の時までそれを見ておらず留学先で友人になったウクライナ人医師に「お前は日本人なのにあのクロサワの『七人の侍』と観ていないのか!」と呆れられました。

後日、『七人の侍』をみてジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグなどの映画監督にいかに黒澤氏の作品が影響を与えたかを知りました。無教養な自分を恥ずるばかりです。

本日ご紹介の患者さんはミッドフェイスリフト・ロアーリフトをお受けになられた患者さんです。

ご希望としてはしわ、頬のたるみを改善したいとのことでした。 診察所見上1.眼窩下縁から頬部前面の軟部組織の下垂が認められ相対的に頬上部の軟部組織が薄くなり目袋のふくらみが目立っている状態および2.頬から頚部にかけてのたるみの状態が認められたため1.の状態に対してはミッドフェイスリフトを、2の状態に対してはロアーリフトを行いました。

上段:術前です。
下段:術後8ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_1332323.jpg

順調な経過です。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1313918.jpg

4月28日の日本独立記念日の前に熱い差し入れでした。

深謝いたします。

本日カイロプラクティックをお受けになられた患者さんに最近どんな本を読んでいるのですか?と聞かれました。
最近は・・

星野正一   「医療の倫理」 
司馬 遼太郎  胡蝶の夢
吉村 昭     白い航跡 

まだ読み終えていません。 しかも分野が偏ってますね。
あまり参考にならなくてすいません。

『書を捨てよ町へ出よう』(寺山修二) の言葉に習い、街に出たい気分の今日この頃です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-04-26 00:29 | 美容外科
<< たれ目形成術(内側法) 額形成術、鼻プロテーゼ、鼻尖縮... >>