たれ目形成、目尻切開
今日は1974年 に小野田寛郎(おのだ ひろお)氏がフィリピン・ルバング島から30年ぶりに日本に帰還した日になります。

大東亜戦争終戦の1945年8月を過ぎても任務解除の命令が届かなかった為、部下(赤津一等兵:1949年投降、島田庄一伍長:1954年5月7日戦死、小塚金七上等兵:1972年10月19日戦死)と共に戦闘を継続しました。最後の2年間は一人で戦っていました。
小野田氏は持久戦法をたてて米軍に挑み、島内にあったアメリカ軍レーダー基地への襲撃や狙撃、撹乱攻撃を繰り返し、友軍来援に備えて合計百数十回もの戦闘を展開しました。
1974年に一連の捜索活動の結果発見され、3月9日にかつての上司である谷口義美元少佐から任務解除命令が下り、小野田氏にとっての戦争は終わりました。翌3月10日にかけ、小野田氏は谷口元少佐にフィリピンの最新レーダー基地等の報告を行っています。小野田氏はフィリピン軍基地に着くとフィリピン軍司令官に軍刀を渡し、降伏意思を示しました。この時、小野田氏は処刑される覚悟だったと言われています。

小野田氏は日本に帰国後は大きく変わった日本社会に馴染めず、帰国の半年後に次兄の居るブラジルに移住して小野田牧場を経営を開始しました。帰国後結婚した妻の町枝氏と共に移住し、10年を経て牧場経営を成功させました。その後、凶悪な少年犯罪が多発する現代日本社会に心を痛めたとして『祖国のため健全な日本人を育成したい』と、サバイバル塾小野田自然塾を主宰されています。自らの密林での経験を元に逞しい日本人を育成するとして、講演会や野営等を行い、高齢ながらも日本とブラジルを往復し続けています。

本日ご紹介の患者さんはたれ目形成術および目尻切開術をお受けになられた患者さんです。
ご希望された目の形態がいわゆる三白眼であり私は美的に納得できなかったので手術を引き受けることにかなりの難色を示しましたが、「変」といわれてもいいからどうしてもそのような形態になりたいという強固な意志がありましたので手術を引き受けることとなりました。

上段:術前です。
中段:患者さんがこのようにして欲しいと指で目をさげたところです。
下段:術後5ヶ月再診時です。 (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0224379.jpg

希望の通りの形態で大満足!ということで順調な経過です。


メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
73. 医師という職業的地位は社会のさまざなな出来事を通して築かれたので、そのことに誇りを持つべきです。
William・J・Mayo
73. 医学のもつロマンのすばらしさは、明日という日が偉大な日となることを期待し、受け入れる哲学を持つことにあります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-03-12 00:21 | 美容外科
<< 人中短縮術 斜鼻変形治療、鼻根縮小術、鼻尖... >>