乳頭縮小形成術
なんだかエキサイトの規制が婦人科のみならず乳頭にまで及んできたようです。
今まで削除されたことのなかった乳頭のこのブログが削除されました。
このブログを書き始めて1年半近くも経ているのに何故いまさら削除基準を変えるのか理解に苦しみます。

美容医学の現実を知るためにも表現の自由を認めてほしいと思います。


今日は1932年 に満州国の建国が宣言され、その10年後の 1942年 にバタビア沖海戦で、日本海軍が連合軍艦隊に勝利し、インドネシア方面の連合軍艦隊が壊滅した日となります。

そのバタビア沖海戦の12年後の1954年3月1日に第五福竜丸が米国のビキニ環礁の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物を浴び無線長久保山愛吉氏がこの半年後の9月23日に急性放射能症で死亡しました。現在は第五福竜丸は東京夢の島の第五福竜丸展示館に展示されています。


本日は乳頭縮小の患者さんのご紹介です。

私が主に行う乳頭縮小術の手術法を列挙すると
1.楔<セツ(ケツ):くさび>状切除法:上部を楔<セツ(ケツ):くさび>状に切り取り縫合する手術になります。長所は壊死等のリスクはほぼない点ですが短所は乳管が閉じてしまうことです。(授乳時にまた来院していただければ通管させることは可能です)
2.Lewis法: 基部をドーナツ状に切り取り上部をケーキカット状に部分切除しサイズダウンをする方法です。 長所は乳管が温存される事です。 短所は基部が細くなる分壊死のリスクが起こりえる点です。 
3.単純切除縫合法: 単純に切除したり縫合する方法です。 長所は乳管が温存され壊死のリスクもほぼない点 短所は上記2法と比較しガーゼ交換に頻回に来院していただかないといけない点です。

今回ご紹介の患者さんは単純切除縫合法でお受けになられました。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。
上段:術前です。
下段:術後10ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_03517.jpg
順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04637.jpg

和菓子でした。
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-03-01 00:51 | 美容外科
<< バッカルファット摘出術、顔面脂... エラ、顎骨骨切り術 >>