鼻尖縮小術
本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術の再手術をお受けになられた患者さんです。

初回手術は正面からみて少しだけ鼻先を細くしたいとのことで控え目な鼻尖縮小術を行いました。
しかしやはりもっと細くしたいとのことで2回目の鼻尖縮小術を今回ご希望され再手術を行いました。

左:約10ヶ月前の初回手術術前です。
真ん中:術後5ヶ月目再診時です。
右:2回目鼻尖縮小術術後1週間抜糸時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_197285.jpg

順調な経過です。

鼻尖縮小手術によって仕上がった鼻先の細さは私としては同じように仕上げても患者さんの主観によって「満足」「もの足りない」「細すぎる」等反応が異なるのが現実です。 ですからどの程度の変化を求めていて、術後半年の状態がどのようでありどのように変化していくのかをお互いに理解しあうのが重要になります。 

細すぎ!と思っても術後のケア次第ではかなり戻りますから半年ぐらいはあせらず様子をみるのが重要です。 術後早期の再手術は予期せぬ合併症を引き起こす可能性があります。
細すぎる状態となってしまうのがが恐ければ「「控えめ」に医師に依頼するのが無難です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0123587.jpg

シュークリームでした。
ありがとうございます。
どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-02-21 19:02 | 美容外科
<< 脇山先生 埋没二重形成術 小鼻縮小術、人中短縮術 >>