謹賀新年
あけましておめでとうございます   今年もよろしくお願い申し上げます。

昭和12年(1937年)のシナ事変から昭和20年(1945年)までの大東亜戦争までの日本人戦没者は310万人にも達しています。
戦闘に携わった否に関わらず、皆、国や国民のことを思い、力を尽くして戦い、あるいは働き、あるいは米国の一般市民無差別大量虐殺故に亡くなった人々であり、今日の日本がその人々の犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはならないと思います。
戦没者のご冥福をお祈りすると共にこれからよりよい日本の建設に向け新たな一年を頑張っていきたいと思います。

お正月の靖国神社です
d0092965_1944924.jpg

英霊に感謝の意を捧げると同時に現世に生を受けている私がこれからの日本の繁栄の一助となるべく粉骨砕身することができ皆様のお役に立てるようお祈りしました。 


靖国神社名物「大村益次郎」の像です。 明治初頭に活躍した陸軍指導者として有名であり「その才知、鬼の如し」と評された大村益次郎ですが実は彼は医学を修めた医者でした。
d0092965_1945246.jpg



お正月の靖国神社にくると必ずドネルサンドに立ち寄ります。
d0092965_19471790.jpg

今日はドネルサンド3つにきりたんぽ二つ(くるみ味噌味とゆず味噌味)を食べて満悦です。
平和と日本の繁栄に深謝します。

おみくじを引きました。 
御教 (みおしへ)を戴きました。

「今日用いるところの材木は、すなはち前人の植うるところ、然らば、なんぞ後人のためにこれを植ゑざるをえん」 二ノ宮尊徳

意:いまわれわれが使っている材木は、われわれ自身が植えたものではない。また、われわれの植える木は必ずしもわれわれ自身が使うものではない。それが、歴史と倫理との中で生きている人間というものの姿なのだ。
われわれは、この数十年のいのちを、直接には言葉をかわしたことのない祖先たちの恩恵の中で生きる。そのことを自覚し、感謝するならば、われわれもまた、直接相会うこのとのない子孫たちのために、懸命に、しなければならぬことをしておかねがならぬ。

深く銘記させていただきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-01-01 19:40 | その他
<< 鼻中隔延長手術、鼻尖縮小手術(... 大晦日 >>