鼻孔縁下降術
本日ご紹介の患者さんは鼻の穴を目立たなくしたいとこのご希望により鼻孔縁下降術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1年7ヵ月後再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_2316745.jpg

外観上気にされていた鼻の穴は鼻孔縁が下がったことにより目立たなくなりました。

鼻孔縁下降術は耳より軟骨付皮膚を鼻孔内に移植して鼻孔縁を下げることにより鼻の穴を目立たなくします。

しかし欠点としては軟骨付皮膚移植のため移植された組織片が鼻の穴の中で凸状瘢痕組織となったりその部分だけ鼻毛が生えないことがあげられます。

今回ご紹介の患者さんは移植した組織片の鼻孔内膨らみが1年7ヶ月経ても気になるとのことで今度組織のトリミングを行う予定です。

本日お心遣いをいただきました。
d0092965_23322555.jpg

えだ豆チョコサンドクッキーでした。
ありがとうございました。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-09-21 23:16 | 美容外科
<< 鼻尖縮小術5ヵ月後 鼻尖縮小術(クローズ法)、小鼻縮小術 >>