顎骨骨切り術
今日は2002年 に小泉純一郎元首相が訪朝し開かれた第一回日朝首脳会談で朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記が日本人拉致事件を公式に認めた日になります。

1997年5月1日の参議院決算委員会に於いて伊達興治警察庁警備局長が北朝鮮によって横田めぐみが拉致された疑いがあるとした答弁して以来この金正日総書記の告白が行われるまで拉致問題は一部の政治思想集団およびマスメディアによって右翼や政府による捏造と糾弾されてきたことを日本人は忘れてはいけないと思います。

今回ご紹介の患者さんは輪郭手術の一つである顎骨骨切り術をお受けになられた患者さんです。
顔面の輪郭手術として挙げられる3つの代表的な手術として頬骨弓リダクション(頬骨削り、切り)、エラ削り(切り)、顎骨削り(切り)があります。
日本における美容外科輪郭手術としての顔面骨手術は昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて初めて一般的なメニューとなりました。 当時の十仁病院におけるその技術の研究開発の第一人者が現ライフクリニック院長の勝間田先生になります。現在も連日のように顎削り(切り)や頬骨削り(切り)、エラ削り(切り)をこなしており美容外科領域の骨削り手術に関しては実質日本一の経験数と思われる先生です。職人気質の先生でいわゆる紙広告等一切行っていないのに知る人ぞ知るクリニックとして日本中から輪郭形成の患者が集まってきて連日のように手術をなさっています。 日本の美容外科領域における輪郭手術の名人だと私は思います。



本日ご紹介の患者さんは本日顎骨骨切り術をお受けになられた患者さんです。
お悩みとしては顎先の幅が大きく広いということだったので中抜きよりも側方骨切りをしっかりおこない骨切りを行ったほうがご希望の形態になるため側方骨きりおよび先端骨切りにより顎を小さく形成しました。
(患者さんのご希望によりどのように骨を切ったかUPします)

左:術前です。                   右:骨切りの位置関係です。
d0092965_22581874.jpg


オトガイ孔からはオトガイ神経がでているのでこれを切らないように注意しながら下顎角部から顎先にかけて骨きりを行います。
d0092965_22582738.jpg

これでエラから顎先にかけてほぼ段差なくなめらかに顎先が細くなります。

お心遣いをいただきました。
d0092965_22583628.jpg

博多通りもん でした。 わざわざ遠方からきてくださってこのようなお心遣いまでいただいて非常に恐縮です。 どうかお気を遣わないでください。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-09-17 22:45 | 美容外科
<< 鼻尖縮小術 術後9ヶ月 大陰唇縮小術、外陰部脱色治療術 >>