上口唇縮小形成術
今日は1944年 にテニアン島の日本軍が玉砕した日になります。約8100名 の日本兵の命がこの島で散りました。

テニアン島のハゴイ飛行場は米軍により拡張整備され、本格的な日本本土空爆を行う基地となり1944年11月以降、連日のように日本に向かうB-29がこの島を離陸してきました。
1945年8月6日の広島、8月9日の長崎に原爆を投下したB-29もこの島から発進しました。

また1945年の今日は富山大空襲があった日になります。
富山上空にB29戦闘機170機が来襲し周辺部から焼夷弾を投下して火の輪で市街地を囲み逃げ場をなくした後、中心部に焼夷弾や小型爆弾を2時間にわたって投下し無辜の市民の無差別虐殺を行い2737人の人命を奪いました。


本日ご紹介の患者さんは上口唇縮小術をお受けになられた患者さんになります。

上段:術前です。
下段:術後3週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_1444578.jpg

上段の写真の水色の点線で囲った部分がどうしても気になるとの事で同部位の縮小手術をお受けになられました。 術後3週の時点ではまだ軽度腫れがありますが今後2ヶ月でもっと小さくなるでしょう。
順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-08-02 01:54 | 美容外科
<< 頬骨(きょうこつ)アーチリダク... 両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮... >>