口角挙上術
本日ご紹介の患者さんは口角つりあげ術をお受けになられた患者さんです。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。口外法の欠点としては白い線となって目立たなくなるとはいえキズが残るという点です。


今回ご紹介の患者様はしっかりひきあげたいとの御希望が強く口外法の手術をお受けになられました。

上段:術前です。
中段:術後約3週間です。
下段:術後約7週後再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2345434.jpg

順調な経過です。

お心遣いを頂きました。
d0092965_021531.jpg

ありがとうございます。 どうか気を遣わないで下さい。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
55.文明人は自然をより美しくするというのではなく、むしろ破壊し、悪用し、自然の変化のリズムを狂わせているのです。

William・J・Mayo
55.希少価値のある科学的発見は偉大なことです。しかし、これらの発見を研究者同士が分かち合い、同じ科学的研究分野で活動しているほかの人々を勇気づけることができれば、もっと偉大です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-06-03 23:03 | 美容外科
<< 涙袋形成術(自家組織:眼輪筋) 処女膜切除術 >>