頬骨、顎骨切り(輪郭形成)
本日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)および顎骨切り術をお受けになられた患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
この方法の第一人者である先生は大きな合併症なく安全にこの手術を行っているので勝間田先生を推薦します。

上段:術前です。
下段:術後4ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_10083.jpg

一回りお顔が小さくなり相対的に目が大変大きくみえるようになりました。腫れも段々と落ち着いていきあと2ヶ月ほどで完成になっていきます。
顎骨は写真のように先端とサイドを切り落として顎先の形を保ちつつ顎先を小さくしています。
d0092965_101599.jpg


大変ご満足いただけて幸いです。

本日術前に差し入れをいただきました。
d0092965_103433.jpg

ハンカチとのことでした。  

どうか気を遣わないでください。 そして・・術前の差し入れは特にご容赦してください・・ 手術のご依頼をお受けした以上は全ての患者さんに対して自分の能力の最善を尽くして手術を行っています。 最善より頑張ろうとしてももう頑張れません。 
手術というものは不思議なもので、ある意味「適当」(いいかげんにという意味ではなく適切なほどほどさという意味)さが必要です。
「この人は特別に・・」なんて思いを込めて一生懸命やっても過ぎたるは及ばざるがごとしのごとく予期しなかった合併症が生じたりしてかえってご迷惑をかけてしまうことをしばしば経験してきました。
お気持ちは大変うれしいのですが手術を自然体で行うためにもどうか術前の差し入れは堪忍してください。 絶対に手抜きはしませんから・・
わがままいってすいません・・。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-05-21 00:58 | 美容外科
<< 鼻尖縮小術 小鼻縮小術(鼻翼縮小術) >>