脂肪細胞移植豊胸
今日は1945年3月16日に硫黄島において栗林中将が東京の大本営へ訣別電報を送った日になります。

10日後の26日に日本軍の最後の反攻が行われ、栗林大将、市丸少将以下、数百名の残存部隊がアメリカ軍陣地へ総玉砕攻撃を行いました。
これ以後組織的な戦闘は終結しました。しかし、その後も生き残った日本兵が地下坑道に潜伏し、一部は終戦を知らずに抵抗を続けました。終戦から4年後の1949年1月1日、最後の日本兵2名がアメリカ軍に投降し硫黄島における戦闘は終わりました。

硫黄島には、現在でも約一万三千柱の遺骨が未回収のまま残されており、現在の滑走路は日本兵の死体を埋めた上に作られています。また、一千人以上の日本兵の頭蓋骨が米兵によって”お土産”として米本国に持ち去られたと言われています。



今日は先日ご紹介した脂肪細胞移植豊胸による患者さんの術後経過の紹介です。

初診時は他院でSubQ(ヒアルロン酸)豊胸をお受けになられた後でのご相談でした。 SubQが入っていると脂肪細胞の定着に悪影響を及ぼす恐れが充分考えられたので案としてはそのままSubQで豊胸を行うか、SubQを一度分解してから脂肪細胞移植を行うか、SubQ豊胸を行った医師にSubQを注入した層と異なる層にて脂肪細胞移植をしてもらうかが考えられました。

今回は結局SubQを一度分解してから脂肪細胞移植を行うことになりました。

一段目: SubQ(ヒアルロン酸)分解注射注入前です。 
二段目: 分解されて通常の状態に戻った状態です。
三段目: 脂肪細胞移植後9日目の再診時です。
四段目: 脂肪細胞移植後約3週目再診時です。
五段目: 脂肪細胞移植後約2.5 カ月後再診時です。
六段目: 二回目の脂肪細胞移植後約2週間後再診時です。
(写真は患者様の快諾を得て供覧しています)
d0092965_22524844.jpg

他院で注入されたヒアルロン酸は乳房の上部にはいっており乳房のフォルムとしては美しいといい難い状態でした。 触感もしこり状になっていましたがヒアルロン酸分解注射によりきれいに消失しました。 初回の手術においては左右200ccずつ脂肪細胞を移植し今回は患者さんのご希望により左右300ccずつ移植を行いました。

術後の再診時に患者さんから細胞増殖因子注入による臨床試験への参加のご希望がありましたので手術後翌日に細胞増殖因子を非作為的に選んだ左胸に注入を行いました。
上段: 脂肪細胞移植術直後です。
下段: 細胞増殖因子を左乳房に注入後2週間後再診時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2205176.jpg

手術時には患者さんは臨床試験には参加しない意志を示していました。また術者として左右均等量を移植しています。 よって術直後はほぼ左右均等の乳房の体積なのが写真よりわかります。 手術翌日に臨床試験への参加希望の御意志を示されたため非作為的に一方の乳房(今回は左胸)を試験対象とし細胞増殖因子の注入を行いました。
結果として2週間後の再診時には患者さんおよび私も認める左右の乳房の大きさの差を認めました。
腫れによる左右差なのか脂肪細胞の定着率に差が生じていることによるものなのか、一時的なものなのか半永久的なものなのかはまだわかりません。
3回目の手術のときまでに左右差が残存している場合はその左右差を加味して移植手術を行い、問題となるような副作用の出現が今後一切なければ左右両方に細胞増殖因子を使用し、より移植脂肪細胞が定着するようにします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-03-16 22:51 | 美容外科
<< 鼻尖縮小、小鼻縮小術 鼻尖縮小術、鼻プロテーゼ >>