目の下の脂肪取り
今日は北朝鮮の金正日の誕生日にちなむ金正日の日です。

さてこの金正日といえば思い起こすのが「拉致事件」になります。

先日「めぐみ - 引き裂かれた家族の30年」の映画をみました。 

まずオープニングから衝撃的だったのが同じく北朝鮮による日本人拉致事件の被害者となられた増元るみ子さんのお父さんである増元正一さんの肺ガンで鬼籍に入られる直前であろうと思われる病床での姿です。 酸素マスクをつけ息も絶え絶えの増元正一氏が「父ちゃんこんな姿になっちゃったけど るみ子 絶対日本に連れ戻してやるからな」 とおっしゃったシーンはあまりにも衝撃的すぎました。 また当時13歳であった横田めぐみさんおよびそのご家族をはじめとして拉致被害にあわれたご家族の想像を絶する辛さを考えると心痛極まるものがあります。

日本政府は現在16人を北朝鮮による拉致被害者として認定していますが、警察はそのうち7人について事件発生時から北朝鮮工作機関による犯行と確信していました。
工作船の電波傍受により地村夫妻、蓮池夫妻、市川修一氏、増元るみ子、久米裕氏について北朝鮮による拉致だとする報告を事件直後の1978年8月に作成しています。

電波傍受を秘密にするためこの報告書は握りつぶされ1988年3月の国会で国家公安委員長が答弁するまでほぼ10年の歳月を要しています。

そして拉致事件についてその後の日朝国交交渉の席でも全くとりあげられることはありませんでした。

この状況を変えたのが1997年の家族会の結成です。

家族会が外務省や自民党前での抗議の座り込み等の必死の活動を行ってようやく社会に認知され政府も北朝鮮との交渉の場で取り上げるようになりました。

裏を返せば家族が声をあげなければ事件発生当初からずっとほっておかれていたということになります。 発生当初から北朝鮮による拉致の情報がありながら情報を握りつぶし自国民を必死に守ろうとしなかった日本政府・・・・・ 情けなさでいっぱいですがつまるところ集まってきた情報を判断し行動する要職の人間の質が低かったといわざるをえません。 

幸いにして拉致問題解決に力を尽くしてきた安部普三議員が総理大臣になった今、一刻も早くこの拉致問題が解決することを切に願ってやみません。

今日は目の下の脂肪取りをされた患者さんのご紹介です。
上段:術前。
下段:術後三週間です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_347495.jpg

長年の悩みであったふくらみが消えてお喜びになられていました。
しかし苦言を呈すれば「手術の成功の可否は半年後」が目安になりますので現時点ではまだ完成とはいえません。 と いいますのも脂肪を除去した後、腫れが序々に引いてきて予期しなかった小じわや窪みが生じる可能性があるからです。 肌年齢が若い方ほどそのようなリスクは低いので今回の患者さんに関しては大丈夫だと思われますが可能性としてはあり得ます。
どうかそのようなことが起こりませんように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-16 23:59 | 美容外科
<< 下唇縮小、唇脱色 乳輪縮小、乳房固定術  :  医療法 >>