鼻尖縮小
今日は大東亜戦争終戦後3年目である1948年 に三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘である 沢田美喜が大磯に混血児救済施設「エリザベス・サンダースホーム」を開設した日です。
ホームは、戦後日本占領のためにやってきたアメリカ軍兵士を中心とした連合軍兵士と日本人女性の間に強姦や自由恋愛の結果生まれたものの、両親はおろか周囲からも見捨てられた混血孤児たちのための施設でした。
このエリザベス・サンダースホームからは2000人近くの混血孤児が育ちました。沢田美喜氏はホームの孤児達の教育のために1953年には学校法人聖ステパノ学園を創立し1962年にはブラジルのアマゾン川流域の開拓を始め、聖ステパノ農場を設立し孤児院の卒園生が数多く移住しました。

敗戦国における占領軍によるしわ寄せはどこの国でも占領兵士の子を妊娠した女性たちにのしかかってきます。悲惨な敗戦国の陰の部分を博愛精神によって支えた沢田美喜氏に敬意を表します。

今日は鼻尖縮小術の術後三週間後検診時の方のご紹介です。
上段:術前です
中断:術後一週間抜糸時です
下段:術後三週間検診時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_22144445.jpg


順調な経過です。

最近は患者さんでブログを見てくださっている方が多く、先日も若い患者さんが「おじいちゃんがラバウルにいたのを思い出して思わずおじいちゃんに電話しちゃいました」とお話してくださり嬉しく思いました。

芸術家は作品が半永久的に残り社会で多様な評価を受けるのに対して美容外科は造形という点では一緒ですが造形の結果が通常は手術をお受けになられた患者さんの心の奥底にしまわれてしまうのみでした。徒然なるままに記載しているブログで多少なりとも仕事の一部をご紹介できたのは写真を快諾してくださった患者様方のご協力なくしてはあり得ませんでした。
ありがとうございます。 深く感謝いたします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-01 23:22 | 美容外科
<< 乳頭縮小術、buccal fat 涙袋プロテーゼ >>