乳頭縮小
今日は防衛医科大学のほうへいってきました。

防衛医科大学・・・ 当時高校生だった私にはあこがれの大学でした。 国防から医学まで色々学べてお給料まででる大学というイメージでした。

しかし

今となっては甘酸っぱい思い出ですが 当時私の通学していた高校は全くといっていいほど受験情報が生徒に提供されず、いつ入試があるのかも知りませんでした。 「そろそろセンター試験だし防衛医科大学の赤本(過去問)でも買っておこう」と書店にいって防衛医大の入試がすでに終わっていたことを知って愕然として参考書売り場で立ち尽くしていたのを覚えています。

一般の大学入試と一緒で2月頃だと思っていたのでした(防衛医大は11月でした)。

私の母校の高校は今思うと色々と変わっていました。 例えば高校二年生のときの地理を選択しましたが4月の授業の最初の日教師が開口一番「これから一年間この授業は君達の自主性を重んじて休講とする。 来年の3月に一年間で研究したことをレポートして提出するように」 と宣言し月曜日の一、二限は一年間休講でした。

もちろん高校生ですから大喜びして月曜日は喫茶店で新聞を読みながらモーニングをほうばるというおおよそ自学自習とかけ離れた学生生活になってしまいました。

そんなこんなで浪人しないと受験できないと知った私は翌年受ける気満々でその年の大学受験は一校のみとしその大学の試験会場が横須賀の自衛隊基地の近くだっため試験の前日に自衛隊の見学にいきました。

「あのー基地内をみたいのですが」 と門の守衛さんに声をかけると「一般の方は入れません」とあっさり断られました。 そこで負けじと「今年はミスで防衛医科大学を受験できませんでしたが来年希望しているので自衛隊を見学したいのです!」と言ったらどうぞどうぞと入れてくれました。 その態度の豹変ぶりに拍子抜けしたのを覚えています。

軍艦!?等を見学させてもらいすっかり満足して翌日の受験に向かうことができました。

幸か不幸か受験した大学に受かってしまったので入学したのですが同級生には幾人も防衛医大の入学を辞退したものがいて「ああ代わってくれればいいのに・・・」と思ったものです。

防衛大学の知人の話では寮生活で戦闘機に乗ったり潜水艦に乗ったり訓練と称して夜中の3時ごろたたきおこされたり結構大変そうでしたが防衛医科大学の学生もそうだったのかは知りません。 

そんなこんなの思い出を防衛医大の大きな敷地をみて思い出しました。 

パキスタン地震の国際緊急援助隊、イラクにおける人道復興支援活動やスマトラ沖地震に際した国際緊急援助活動では自衛隊医官の先生方が活躍したと聞いています。 
医官の先生方には是非これからもがんばっていただきたいと思います。

今日は乳頭縮小術(LEWIS法)の紹介です。
上段:術前
下段:術後約1ヶ月再診時です(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_22504377.jpg

すっかり綺麗になりました。 通院お疲れ様でした!
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-04 22:29 | 美容外科
<< 脂肪排泄促進注射 脂肪移植豊胸 >>