乳頭縮小術

昨日横浜から夜行高速バスにのって和歌山の学会にいってきました。
日本最小侵襲整形外科学会という学会でなるべく手術における体への侵襲(ダメージ)を少なくするために色々と術式を発表しあい討論する学会です。
朝7時過ぎに和歌山に着くと徹夜の乗車でお腹も減っていたので学会場のホテルで朝ごはんでも食べようとホテルのレストランにはいりました。隣のテーブルでなんだか「気」を感じる方がいらしたのでちらっとみてみると最近テレビ等で有名な(予約が数年待ちらしいです)西島脊椎クリニックの西島先生が朝食をとられていました。できる人は朝早くしっかり朝食をとられ、発する気も違うものだと関心しました。
そんなことに関心しつつなかなか普段から和食の朝ごはんが食べる機会がない私はホテルアバローム紀の国のごはんが美味しく6杯もお代わりしてしまいました。
その後西島先生の発表を聞きましたが個人開業クリニックにも関わらず脊椎の前方徐圧術だけでも年間240例も手術をされているとのことでびっくりしました。
世の中にはやはり凄い人がいるものです。 
午後は内視鏡のドライトレーニングに参加しました。 二人一組でしたが同席の先生は香港の整形外科の先生でした。 日本のトレーニングセミナーではあまり外国の先生を見かけないので意外でしたがそれだけ日本の脊椎外科が認められているということかもしれません。

翌日の仕事があるので今回は一日しか参加できませんでしたが最小侵襲外科の知見として得るものが多く満足でした。

最小侵襲で最大効果を得るのが外科手術の極みだと思います。
医療行為は患者さんにとって肉体的、精神的、経済的最小侵襲、最大効果 であるべきですし自分も常にそれを心がけて診療に臨んでいるつもりです。 患者さんには至らない点があれば遠慮せずおっしゃって欲しいと思っています。

今回ご紹介の症例は乳頭縮小術の症例です。

Lewis法で行いました。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
上段:術前です
下段:術直後です
d0092965_23112841.jpg

綺麗に仕上がりますように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-02 23:14 | 美容外科
<< 脂肪移植豊胸 二重切開 ・ 修正 >>