切開二重術
今日は切開二重についてです。

切開二重術は二重を作る術式として埋没法にとって変わられたような印象がありますが
やはり埋没法より切開法が適切な場合があります。
切開法の基本的適応ですが
①睫毛内反症の存在
②はれぼったい眼瞼で眼窩脂肪や結合織の脂肪が多いまぶた
③余剰皮膚が多いまぶた
等の場合があげられます。 特に②や③が存在すると埋没法で二重を形成しても組織のあそび(糸で締めている組織が伸びてくる状態です)が生じて二重の線の消失が生じやすくなります。
よく二重切開のメール相談で「脂肪も取りますか?」と聞かれますがそれはその方の瞼の状態によるのでケースバイケースということになります。
基本的に瞼の脂肪には①皮下脂肪②眼窩隔膜前脂肪③眼窩脂肪④瞼板前脂肪が存在しこれらの量は個人差が著しいです。 

本日御来院の患者さんで4ヶ月前に切開二重形成術およびタレ眼形成(外側法)を受けた患者さんがいらしたのでご紹介します。 
・上段:術前(約4ヶ月前) 他院で1年前に二重形成術を受けています。もうすこしラインを上に上げたいとの御希望でした。
・下段:本日です。 お化粧されているので二重のラインに関してはわかりにくいですがラインが上がっています。 タレ眼形成で下眼瞼の開きが大きくなっています。
(写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています)
d0092965_22243980.jpg


ご一緒にいらしたお母様は3週間前に切開二重と目頭切開をお受けになられました。
・上段:術前(3週間前) 
・中断:術直後です。麻酔液の影響で瞼が白くはれています。
・下段:本日です。 まだ多少の腫れが残っています。あと数週で完全に自然な感じになると思います。
(写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています)
d0092965_22244753.jpg


お陰様で親子で綺麗になるpositiveさに元気をもらいました。 今日は手術がたて込み後半の予定が回らなくなってしまいました。 せっかく本日御予約頂いていたのに予約変更の電話を患者様にかけざるおえなくなり皆様には多大なご迷惑をおかけしました。
申し訳ありませんでした。 祈:今日の患者様方もみんな綺麗に、かっこよくなれますように。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-30 23:18 | 美容外科
<< 10月1日 評価される仕事 評価されない仕事 >>