肋骨切除   術後約半年再診時
  今から213年前の10月13日、西暦1804年、江戸時代の日本で、日本人医師である華岡青洲による世界初の「全身麻酔」による乳癌摘出手術が成功しました。西洋での成功例は、青洲の成功から41年も後の、1846年、アメリカのウィリアム・グリーン・モートンのエーテルを使った全身麻酔下の手術となります。
  この成功を記念し、日本麻酔科学会が10月13日を「麻酔の日」と制定しています。

本日ご紹介の患者さんは肋骨切除術をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です

d0092965_01260197.jpg

御感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。
d0092965_01261817.jpg

先日お心遣いを戴きました。
d0092965_01344392.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


[PR]
by shirayuribeauty | 2017-10-13 01:21 | 整形外科
<< 他院修正  縦長おへそ形成術 ... 他院鼻尖縮小後修正術、移植軟骨... >>