他院鼻プロテーゼ入れ替え術、 レーザー鼻尖縮小術、鼻尖部婦人科軟部組織移植術 術後約半年
今日は大東亜戦争中の1945年に米軍による仙台空襲にて焼夷弾10,961発による絨毯爆撃と高性能爆弾8個が投下され仙台市中心部が焦土とさせられた日となります。



本日ご紹介の患者さんは他院にてプロテーゼ留置術、鼻尖部軟骨移植術をお受けになられるも鼻プロテーゼが曲がって入っており、プロテーゼの先端が浮き出ている等の改善、将来の鼻先の軟骨の透け予防等目的に他院鼻プロテーゼ入れ替え術、 レーザー鼻尖縮小術、鼻尖部婦人科軟部組織移植術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です (赤丸部分はプロテーゼの先端が浮き出ている箇所です)
下段:術後約半年再診時です
d0092965_3134465.jpg

御感想は「鼻筋がまっすぐになってよかった。 でもやっぱり鼻中隔延長をすればよかったと思う。」とのご感想で「ふつう(3/3)」とのことでした。


どうしても鼻先をもっとツンとしたかえれば鼻中隔延長も一法かもしれません。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-07-10 23:08 | 美容外科
<< 人中短縮術、小鼻縮小術、アップ... 鼻孔縁下降術  「先生 下がり... >>