Acellを用いた他院小鼻縮小後キズ痕修正術
今日は1898年 にハワイがアメリカ合衆国に併合された日になります。
そして1944年 大東亜戦争においてサイパン島の日本軍守備隊が玉砕した日になります。




本日ご紹介の患者さんは既往として他院にて二度 小鼻縮小術をお受けになられた既往があり、その後のキズ痕が気になるとのことで修正術をご相談にいらっしゃいました。

カウンセリングの結果 Acellを用いた他院小鼻縮小後キズ痕修正術 をおうけになられることとなりました。


右小鼻キズ痕
左:術前です           右:施術後約半年再診時です
d0092965_23495478.jpg



左小鼻キズ痕
左:術前です          右:施術後約半年再診時です
d0092965_2349426.jpg

ひきつれたキズ痕はよくなりました。
御感想は「少し赤味があります。」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。


Acell(細胞外マトリクス)とレーザーの複合治療で ひきつれ痕等のキズを改善させることができます。
キズのお悩みがある方は是非ご相談くだされば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-07-07 23:43 | 美容外科
<< 鼻孔縁下降術  「先生 下がり... 他院術後鼻修正術: 鼻背皮切術... >>