他院フェイスリフト 傷痕修正
今日は大東亜戦争開戦前の1941年に対ソ戦準備・フランス領インドシナ進駐を御前会議で決定した日になります。
この南部仏印進駐が日本の予想以上に米国を刺激し大東亜戦争を不可避にしてしまったものと考えられます。
よってその後の日本の運命を決める大決定をした日といえます。

また今日は1945年に呉市街地に米軍が無辜の一般市民にも焼夷弾をまき散らした日にもなります。
 呉市街地空襲の戦闘命令・第93号が、1945年7月1日第21爆撃機軍団司令官鬼畜ルメイ少将から第58航空団に対して発令されB29が、曇り空の呉上空に達し第一弾を投下したのは7月2日の午前0時2分でした。燃え上がった炎を目印にしてB29は次々と呉市街地上空に侵入し、すりばち状の呉市街地の周辺から中心部へと焼夷弾を投下し呉市街地夜間無差別大空襲を行いました。
  呉を襲ったB29は合計152機、全部で16万454発(1081・7トン)もの焼夷弾が投下された空襲は、午前2時5分まで続けられこの無差別大空襲による犠牲者は2000人以上といわれています。




本日ご紹介の患者さんは当院初診より約一年前に傷の縫合がきれいなのをホームページでうたい文句にしている形成外科クリニックでフェイスリフトをうけたが耳から約8mmほど離れてキズができたのが気になって担当医に相談するも、そもそも症例写真のように細かく縫っていなかったことと耳から離したところに傷ができたので再手術をそこでもう依頼をしたくないとのことで当院にご相談にいらっしゃった患者さんです。


前医での治療をお勧めしましたが上記理由により前担当医での手術は希望しないとのことで当院での修正手術の御依頼をお引き受けすることとしました。

傷が耳の縁より8mm程度はなれていたので再度SMASを縫縮しリフトアップしつつ皮膚を寄せてキズ痕修正することとしました。

右耳
上段:術前です
下段:当院修正後半年後再診時です
d0092965_23512682.jpg


左耳
上段:術前です
下段:当院修正後半年後再診時です
d0092965_23513254.jpg


正面
上段:術前です
下段:当院修正後半年後再診時です
d0092965_23514141.jpg


御感想は「私の場合(リフト)効果ではなく、キズ跡をきれいにしてほしかったのでやはりきず跡だけ見ると不満な思いがあります。」とのことで「やや不満(2/5)」とのことでした。

まだキズの赤味がありますがもうすこしアフターケアを受けていただければより目立たなくなっていくと思います。

もうすこし再診に定期的に通っていただければ幸いです。

お待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_020063.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-07-02 23:44 | 美容外科 | Comments(0)
<< こめかみプロテーゼ、額アパタイ... 骨膜下ミッドフェイスリフト、裏... >>