両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術、アフロディーテ膣縮小術(レーザーによる膣縮小術)、脱色治療
今日は西暦1945(皇紀2605年)年 の大東亜戦争時、米軍が沖縄本島上陸を開始した日になります。

また同時にアメリカ政府の「日本占領地のアメリカ人捕虜へ慰問品を送ってほしい」という要請に応じた船である阿波丸(緑十字船:連合国から「安導権」( Safty Conduct 安全なる航行の保障)を与えられていた船)が米国の潜水艦に撃沈され約2000名が死亡した日でもあります。
撃沈直後より国際法違反として日本は抗議、戦後になり日本側から賠償の要求が行なわれましたが、最終的にはGHQからの意向を受けて昭和24年日本政府は請求権を放棄しました。
日本は、戦争中、オランダの病院船「オプテンノール」を不当に拿捕した事がありますがこちらは戦後、オランダに対して賠償金約1億円を支払っています。




本日御紹介の患者さんは 両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術、アフロディーテ膣縮小術(レーザーによる膣縮小術)、脱色治療をお受けになられた患者さんです。



左:術前です                              右:術後約2か月再診時です
(症例写真は外性器を含むため 写真はエキサイトブログの規約に抵触するので当院HP上で手術を考えていらっしゃる女性のみに公開しています。 手術をご検討されていてID・PASSをご希望の女性はクリニックに直接お電話をくだされば幸いです)

膣入口もしっかり縮小され「色も形もよくなった。 締まりもよくなって 色もきれいになり大満足です(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-04-01 05:58 | 美容外科 | Comments(0)
<< アキュリフト、(口元、顎下)、... エラ骨骨切術(plan A) ... >>