他院乳輪縮小術後 キズ痕に対する 修正術 術後約3年再診時
本日ご紹介の患者さんは A院にて豊胸術と同時に乳輪縮小術を内側法でうけるも数週間でもとに戻ってゆがんで楕円形になってしまったとのことでした。。 執刀医からは豊胸したら戻りやすい等のリスクの説明がなかったとのことでした。 担当医に修正を依頼するも内側からだと無理だから外側からやる(新規に料金がかかるといわれた)といわれ、信頼もできなかったのでB院にて修正手術をうけることにしB院で外側法による乳輪縮小術をうけたら前にうけたキズが広がり 結局二個キズができて外側のキズが余計み目立つようになったとのことでした。  「真下にもキズができてしまい結局もどってしまった。特に 右の乳頭は低くなってしまった。」とのことなので「執刀医に相談しましたか?」とお尋ねしたところ「相談していない」とのことでしたらの執刀医に相談することを強くお勧めするも当院にての修正手術を強くご希望されたため修正手術のご依頼をお引き受けすることとしました。

術後8か月再診時の時に乳頭をよりしっかり形態形成し、より乳輪を小さくする再修正手術を行いましたが約2週間後再診以降半年以上再診にいらっしゃらず 心配しておりましたが 最近約2年ぶりに 再診にいらしていただけました。


上段:術前です
下段:術後約3年再診時です
d0092965_5261717.jpg

キズは目立たなくなり順調な経過です。
今回は脱色治療のご相談でした。
ご希望なら行います。


またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-10-08 23:22 | 美容外科
<< 他院脚延長術後  抜釘術 上腕脂肪吸引 術後約1年半 >>