下顎骨セットバック(歯槽部骨切り後方移動術)、 顎先中抜き骨切術 術後約2年8か月
今日は1945年2月23日に硫黄島おいて日本軍が死守すべく死闘を行ったすり鉢山の山頂にアメリカ海軍海兵隊たちが星条旗を掲揚したとされる日です。

星条旗が一度立てられた後も何度かそれを降ろし日章旗を立て、しまいには血染めの日の丸を掲揚した硫黄島の日本兵の奮闘に敬意を表すると共に鎮魂を祈りたく思います



本日ご紹介の患者さんは下顎骨セットバックおよび顎先中抜き骨切り術をお受けになられ患者さんです。


下顎は術前はオーバジェットがマイナス(すなわち下顎前歯が上顎前歯より前にでてしまっている状態)でした。

本道の治療法として矯正歯科、口腔外科での矯正、外科的手術をお勧めしましたが時間的に早急に容貌および咬みあわせを同時に改善をしたいとの御希望が強く、お勧めとしてはSSRO(下顎骨矢状分割術)と下顎骨スティック骨切でしたがカウンセリングの結果、下顎のセットバックおよび顎先中抜き骨切術の併用で咬みあわせおよび容貌を整えることとなりました。

上段:術前です
下段:術後約2年8か月再診時です
d0092965_028480.jpg

下唇の突出した感じもなくなり御感想は「満足」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1114231.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-02-23 00:23 | 美容外科
<< HIFU直後の若返り効果の検討... HIFU直後の若返り効果の検討 >>