他院Vライン形成術後修正、 他院顎先プロテーゼ留置後修正術 :アパタイトによるエラ形成等
今日は1904年 に日露戦争の旅順攻囲戦で日本軍が203高地を占領した日になります。
112years ago from today, on December 5th 1904, Japanese troops fought aheroic battle taking over 203 Meter Hill during the "Seige of Port Arthur"(August 1st 1904 to January 2nd 1905), a chapter in the Russo-Japanese War.

これによって203高地からの砲撃で旅順港停泊中のロシア東洋艦隊を壊滅させることができました。
As a result of this battle, Japanese troops were able to wipe out theRussian fleet which had been anchoring in Port Arthur harbor, by bombarding them from atop the 203 Meter Hill.

1980年に東映系で公開された「二百三高地」(にひゃくさんこうち)は名画だと思います。観た事のない方は是非一度はごらんになられることをお勧めします。
I personally think the movie "The Battle of Port Arthur" (1980) is a masterpiece, and would highly recommend watching it for those who haven't seen it yet.



本日ご紹介の患者さんは前医にて約170万円かけてVライン形成術をお受けになられるも左右差ができ口が締まりにくくなったためそれを治すために顎先プロテーゼを留置してもらうもそのプロテーゼの位置が 不快とのことでご相談にこられました。


担当医は口が締まらない状態を 「学会で他の先生に相談したがわからないといわれた。」とおっしゃるが それが事実か否かもわからずどの先生に相談したかも不明でしたとのことでした。 


美容外科後遺症外来のある大学病院形成外科にも相談にいったが治療できないといわれたとのことでした。




修正方針として 顎プロテーゼを抜去し顎先前方移動、下顎縁スティック骨切術、 アパタイトにてエラ形成をを行いました。 術後半年の時点で唇を閉まりやすくするためにオトガイ筋拳上術を、たるみの改善に顎下アキュスカルプレーザーとミントリフト6本によるたるみ改善治療をお受けになられました。


上段:術前です
下段:顎プロテーゼを抜去し顎先前方移動、下顎縁スティック骨切術、 アパタイトにてエラ形成術後約1年
    オトガイ筋拳上術、顎下アキュスカルプレーザーとミントリフト6本によるたるみ改善約半年後です
d0092965_3225588.jpg

御感想は「初診時よりは劇的に良くなった。 審美的に満足していないわけではなく確かに口は締まるようになったが(当院で手術を受ける以前は力入れてもうまく口が閉まらず10秒ぐらいするとパカーンと口があいてしまっていた)、寝る時や上を向いた時に口があいてしまうのが気になる」とのことで御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。

オトガイ筋はいったん傷つくとなかなか機能的完治は難しいです。
可能な限りの治療はご希望であれば行っていきたいと思います。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-12-05 23:14 | 美容外科
<< 絶壁修正  後頭部アパタイト  縦長のおへそ形成  >>